認定薬剤師

ここでは、「認定薬剤師」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本アンチドーピング機構のHPに、2/24付でスポーツファーマシストの募集要項がでていた。

認定条件は、基礎講習会と実務講習会の受講、知識到達度確認試験に合格にすること。

この認定資格については以前にも記事を書いたとおり、なかなか興味がある。

もともと僕はどうやら、教育的なことを行うのは嫌いじゃない性格のようで、

この認定資格でドーピングに対する知識を広められたらいいと思っている。

しかし、実際には、現在の業務に加えてこの資格を使った活動が本当にできるのか

といった不安がある。

サイトを見てみた感じでは、なんとなくではあるが

この認定は急性期病院の病院薬剤師が持つというよりも、

地域により密着した調剤薬局薬剤師向けなのかなぁとも感じたし。

この認定を本当に取るか、もう少しじっくり考えてみる必要があるようだ。
スポンサーサイト
溜め込んで溜め込んで、久々に研修センターの受講単位申請用紙を記入した。

去年の8月から今月分までの8単位分。

以前は、毎月申請しなければ過去の分は却下されると、先輩が言っていたのだけど、

僕は今まで何度もまとめて申請したけど、却下されたことは一度もない。

でも、8単位も溜め込んだのは初めて。どのくらいまでなら遡って申請できるのだろうか?

今回却下されたりして?


ところで、この研修センターの単位。平成18年の12月から単位を取得し始めて、今27単位。

今回の申請が認められると35単位。もうすぐ40単位になるなぁ。

でも、研修認定薬剤師の申請はまだしないつもり。というのも費用がかかるから。

認定手数料1万円とか正直バカらしい。

この認定が他の資格撮るためにどうしても必要となるまでは、取らないつもり。

認定の申請をしたらすぐにでも取れるように毎年10単位くらいずつとっていこうかなと。


もう一つ、この研修センターの受講単位申請の件で難を言わせてもらうと「めんどくさい」。

カードつくればラクなのかもしれないけど、カード作るにもお金かかるから作りたくなくて、

手書きで申請しているけど、これが一枚一枚書かないといけないし、

手帳にも記録していかないといけないし、これが本当にめんどくさいなぁと。

なんとかならないものかね。
仕事休み。ネットサーフィンをしていると、

「公認スポーツファーマシスト制度」に目が留まった。

日本アンチドーピング機構が創設するものらしく、

目的は、

「競技者や指導者に対して適切な情報提供と啓発活動を実施できる専門家の育成」なのだそうだ。

ドーピングについての教育者になるってことね。

あまりいろいろな事に興味を持たない性格の僕なのだが、久々にちょっと面白そうだと惹かれた。

我ながらちょっとマニアックだなぁ。

誰か他の薬剤師さんもこの制度に興味を持った方はおられますかね?

この資格を持つことで増える仕事量どの程度のものなのか分からんが、

現在の仕事と両立できる程度の業務ってことでいいんだろうね?

それと、日薬の会員じゃないとダメだったりするのかな?

 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。