当サイトについて

ここでは、「当サイトについて」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~今年も残りわずかとなってしまいました。

「このブログについてこれまでとこれから」の話をして今年は終わりにしようかなと。



「ブログ書いて丸2年」

ブログをはじめた当初は、サイト訪問数は一日10とか20とかのレベルで「誰も見ていない」だろうと

気軽に書いていたものですが、運営して丸2年、記事を書くにつれ訪問数が徐々に上がってきた

(といっても1日300以下ですが・・・)ことは、嬉しく思う反面、中途半端なことは書けないなぁと

少し負担にも感じるようになってきました。

年間記事数を見てみると、2008年は180記事であるのに対し、2009年は113記事と大きく減少したのは

気軽に書きにくくなったのが一つの原因だと思っています。

気軽に書けない
 →少しでもまともに書かないと
   →ちゃんと調べる
     →時間がかかる
       →めんどくさい・・・

こんな構図です。基本めんどくさがり屋なので。

まぁブログを更新するための時間が少なくなってきたのも一つの理由かもしれません。

なので、本当は記事にしたいネタがあるんだけど埋もれたまま時効・・ってのも少なからずあります。

毎日記事を書いておられる方々には本当に尊敬しますね。毎日更新するのはとても労力が要ることですから。



「面白いの?役に立つの?」

訪問数が増加した大きな理由としては、記事が貯まってきたが一番だと思っており、

リピーターの影響はその次だと思っています。

しかしリピーターの方々もちゃ~んといらっしゃるようで、本当にありがたい限りです。

「こんな大したことないブログをリピートしてよく見てくださるなぁ?なぜ?」と

少々驚きと疑問を持っているところです。

頻回に見てくださる方には失礼かもしれませんが、「面白いんですか?」「役に立つんですか?」

とちょっと質問を投げかけてみたい気もします。



「他の薬剤師さんブログについて」

薬剤師さんが書いているブログは病院薬剤師・薬局薬剤師関わらず

年々多くなってきているように感じていますが、

みなさんいろいろなスタイルで書かれていますね。

サイトの多くは私にとって学ぶ場であったり、情報を仕入れる場であったり、共感する場であったりと

いつも楽しんで閲覧させてもらっています。

当薬局の薬剤師さんは優秀な人が多くいつも学ばせてもらっていますが、

他人の薬剤師ブログを読むことでさらに多くの薬剤師さんの体験や意見に接することができるし

また、記事内容からして「優秀な薬剤師さんだなぁ」「世の中には上には上がいるものだ」と

(別に自分が上だとは一切思っておりませんが)感じることができ、

自分の薬局内のスタッフだけでは得られない新鮮な刺激を受けることができています。

薬剤師としての能力を向上するべく日々努力しようと、モチベーションを保つ原動力になっています。

これからも薬剤師さんブログを訪問したいと思っています。



「何のためにブログを書くのか?」

いつか過去の記事にも書いたかもしれませんがいつ書いたか忘れてしまいました・・・

結局のところは、

「自分が感じたことや学んだことを少しでも他の人と共有できたら良い」
「役に立ったと思ってくれたならなお良い」

これが主です。 

だけどこれは反応を見ることでしか判断できず自己満足の感が拭いきれないですね。

副次的なものには、

「文章表現苦手意識」→「多少改善」
「情報収集力・整理力を鍛える」
「知識向上のため」
「考察力向上のため」

といった「自己研鑽のため」です。

記事を書いているうちに必ずといっていいほどあいまいな部分が出てきて、

調べることが多くなり学ぶことが多くなりましたし、また新たな疑問が生まれさらに調べたりと

ブログを書くことで得られるものは非常に大きいと感じています。


「どんな記事を書くか?」

このブログは不特定多数にオープンなブログですから、

「こんな患者さんが来た」とか「患者さんとのやり取り」といった、

患者さんのことを中心に書くようなことは避けたいと考えています。

患者さんの事情や背景・主訴などを記すことに大きな抵抗があります。

いくら個人情報が記載されていなくて個人が特定されないとしても、

その題材とされた患者さん本人が、たまたま記事を読んだら良い気分はしないだろうと思うからです。

「コレもしかしてオレの事?」なんて自分の知らない間に自分らしきことが記されているというのは

私だったらいい気はしませんし。

しかし、このブログは日常業務で得られたものを題材としている以上、

そのどこかに患者さんのこと、例えば病名とか使用している薬剤などを記すことがあります。

これらも患者さんに関連する情報に違いはないのですが、

私が記す本質的な内容は飽くまで「患者さんのこと中心」ではなく「薬のこと中心」にしています。

記事を書く上でこの部分が非常にデリケートであり、記事の構成に最も気を遣っているところです。
(ここでボツになってしまう記事も多くあるのですが)

これからもこの点に気を遣いながら可能な限り、情報共有のため自己研鑽のために記していこうと思っています。



さて、長文になってしまいましたので、今年はこの辺でおしまいにさせていただきます。

今年も訪問していただいた方々ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。


1年間記事を書いてみて振り返ってみると、

記事の内容にいくつかの特徴があることが分かりました。


運営理念(大げさ。)は、飽くまで「日々の出来事で感じたことを記す」ことにしていますから、

自分以外の方が読んだらつまらないかもしれません。

また、検索で当サイトにこられる方も多いと思いますが、該当ページを読んでも、たぶん、

あまり有用な情報とはならないことが多かったのではないかと思います。

なぜならば、エビデンスや根拠となる情報はほとんど載せておりませんで、

そこを踏まえた状態で自分なりの感想などを述べているに過ぎないからです。

ここでの記事は「一薬剤師が経験した小さな出来事」くらいに読み流してくれたらと思います。


それでも読んでくれる方が、少しでも「役に立った」と思ってくれる記事を書いていけたらといいなと

思っています。


今年も気負わずにマイペースで更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。
最近、このブログでどのように記事を書いていったらいいのか悩んでいる。

毎日仕事をしていろいろなことを学び、感じるのだけど実際に全てそれを

このような場で発言できないから。具体的な症例などは守秘義務があるから書けない。

今までの記事でもその辺のところにはかなり気を遣って書いているつもりだけど、

厳密にはそれもダメなのところがあったかもしれない。


では、何のためにここに記しているのか?と問われるだろうが、

もともとはじめたきっかけは、「純粋に自分の日記」として、

それから「僕が経験したことを他の人も共有できたら」という考えがあったから。

たまに内容が「有用であった」旨のコメントをいただけることがあるが、

それは本当に嬉しいと思っている。それが、次の記事を書く原動力にもなっている。

だけど、ここに書けないこともたくさんあって歯がゆいのである。


自分がどこか専門書を開いて調べて学んだことを記すこともごくたまにするのだけど、

それってあまり読む側からすれば面白くないんじゃないかって思う。

そんな内容は専門書開けば分かることだから。

僕は教科書的なことじゃなくて、日々の生の出来事で考えたこと学んだことを記すことに

こだわっている。だけど、そのこだわりが記事を書きづらくしている。


当たり障りのない記事になったら面白くないし、かといって臨場感あふれる記事書いたら

仕事失うよなぁ。なにを書いたらいいのか分からなくなってきた。

一時期ブログを書くのを止めようかと思ったことがあったけど、

再びこのブログの存在意義、記事内容を考え直す必要があると感じている。

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。