アンケート

ここでは、「アンケート」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、放射線技師さんと雑談の中で放射性医薬品の話になった。

技師さん「本当は薬剤師が薬の管理者にならないとダメなんじゃないの?この前ガイドラインでてたよね?」

あ、そういえば出てたな、ガイドライン・・・。あんまり真面目に読んでなかったけど。


先月の話だけど、日本核医学会、日本核医学技術学会、日本放射線技師会、日本病院薬剤師会の

4団体から「放射性医薬品取り扱いガイドライン」が出されている。

このガイドラインの中の薬剤師に関する記述で気になったのはこちら。

第1部 作成の目的
検査に使用される放射性医薬品は、薬事法に定められた医薬品であるため、その調製は薬剤師が行う必要がある。


現状では、当院では調製は薬剤師は行っておらず医師が行っている。

第1章 放射性医薬品の管理
1.管理者
医療機関の管理者は、放射性医薬品の保管・調製・施用及び品質保証等に関する安全確保を図るため、当該医療機関の薬剤師の中から放射性医薬品管理者を指名する。


管理者は「薬剤師の中から」って限定されている。ちなみに当院ではその管理者は誰なんだろう?
放射線技師長か放射線科医かな?聞いてないからよく知らないけど、少なくとも薬剤師ではない。

3.調製担当者
放射性医薬品管理者は、放射性医薬品の調製、放射線管理についての専門知識を有する者の中から調製担当者を指名し、放射性医薬品の調製にあたる。


「第1部 作成の目的」には、「調製は薬剤師が行う必要がある」と記載されているが、こちらでは、薬剤師の限定はなされていない。
ということで、調整は薬剤師の管理のもと、放射線管理についての専門知識を有する別職種の者が行ってもよいということなんだろう。

うちの現状は薬剤師が放射性医薬品の管理を十分に行っていないので、

薬剤師が介入していかないといけないだろうと思う。

他の施設ではどんな状況だろう?よろしければアンケートにご協力ください。


あなたの施設で放射性医薬品管理者は誰ですか?

薬剤師

医師

放射線技師

薬剤師・医師・放射線技師以外の職種

管理者不在





-Mini Vote-


スポンサーサイト
退院時薬剤情報管理指導料を算定して、退院時に持って帰る薬の内容を提供したり

服薬指導を行いたいと思っているのだけどなかなかそこまで手が回らないのが現状。

算定する上で何が大変に感じているかというとここ。

B014 退院時薬剤情報管理指導料 の一部抜粋
入院中に使用した薬剤のうち、どの薬剤について手帳に記載するかは、患者の病態や使用する薬剤の種類によるが、少なくとも、退院直前(概ね退院前1週間以内)に使用した薬剤及び入院中に副作用が発現した薬剤については記載する。副作用が発現した薬剤については、投与量、当該副作用の概要、投与継続の有無を含む講じた措置、転帰等について記載する。


「少なくとも、退院直前(概ね退院前1週間以内)に使用した薬剤について記載する」というのがネックになっている。

服薬指導支援システムを導入しているものの、今回の要件を満たすように十分に開発されていないため、

現状で算定するためには、手書きするか手作りで文書を作成するしかない。

お薬手帳という限られた紙面に過去の使用薬剤を書き込む行為がかなりの手間となるなと。


みなさんの施設では、退院時薬剤情報管理指導料を加算していますか?

よろしければ以下アンケートにご協力ください。
※選択肢の数字は、「退院時薬剤情報管理指導料加算患者数/退院時薬剤情報管理指導料加算可能患者数」です。


退院時薬剤情報管理指導料を加算していますか?

91%~100%

71%~90%

51%~70%

31%~50%

11%~30%

0%~10%





-Mini Vote-


               
入院患者さんの中には院外から持ち込まれた一包化された薬を継続して服用することは多々あると思います。

一包化内の薬が全て続行ならばなんら問題は生じませんが、

例えば、一包化内のワーファリンだけ中止とか、糖尿病薬だけ中止といった一部中止指示も出されることは多いです。

その場合、みなさんの施設ではどのように運用されていますか?

是非お聞かせください。


一包化内(持参薬)の一部中止指示をどのように取り扱いますか?

指示を一切受け付けない。その一包化薬は使用せず新規に院内処方する。

指示を受け付け、薬剤師が該当薬剤を除く。看護師には原則触らせない。

指示を受け付け、主に薬剤師が該当薬剤を除くが看護師が除くこともある。

指示を受け付け、主に看護師が該当薬剤を除くが薬剤師が除くこともある。

指示を受け付け、看護師が該当薬剤を除くが薬剤師は原則触らない。

上記以外の対応





-Mini Vote-

ラジカットが「60分かけて投与」の指示でオーダーされてきた。

添付文書上は、「30分かけて投与」となっているけれど?


以前テイコプラニン(ジェネリック)のTDMソフト 2010/06/04 の記事を書いたとき、

コメント欄にひとみさんからもこの件についての質問を書き込んでいただきました。

当時、私はその処方を見た経験がなく、

添付文書上「30分かけて投与」と記載されている理由が分からなかったのだけど、

今回その理由を知りたくてメーカーに質問。

すると以下回答。

開発試験の動物実験段階で、「30分かけて投与」と「60分かけて投与」を行ったところ、

「60分かけて投与」した群では効果が見られなかった。

このためそれ以後のヒトに対する試験では、「30分かけて投与」しか行われていない。

ヒトに対して「60分かけて投与」した場合の効果は不明である。



とのこと。

勉強になりました。

ところで、今回「60分かけて投与」と指示した医師に、

「添付文書上『30分かけて投与』となっているが、なぜ『60分かけて投与』の指示にしたのか」

と質問したところ、「負荷をかけたくないため」とのことであった。

ちなみに処方医の専門は「循環器」。 循環器医らしい答えだなぁと。



よろしければ以下アンケートにお答えください。


ラジカットを「30分かけて投与」しなければならない理由をしっていましたか?

知っていた

知らなかった





-Mini Vote-

話題はかなり古いのですが、ロセフィン注とカルシウム含有製剤との同時使用による

新生児死亡の報告がされ、2007年9月にロセフィンの添付文書が改訂されています。


個人的には、新生児や小児に対しては特別に注意が必要であるが成人に対しては

それほど神経質にならなくてよいのではないかと思っています。

「今まで成人での死亡報告がないから」というのがそのように思う理由の一つですが、

しかし、今後死亡報告がないというものをもちろん保障するものでもありません。


この改訂の後、各施設において両剤の併用防止に関して何らかの対策を講じられてきたのか、

現状をお教えいただければ幸いです。よろしければ以下アンケートにご協力ください。

ロセフィン注とカルシウム含有製剤の同時投与について(アンケート)

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。