病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまた、僕の弱い分野である。

いや、多くの薬剤師は、輸液の配合変化に弱いのではないかと思う。

というのも、メーカーが配布している配合変化の資料は、不十分な情報であることが多く、

全ての薬剤で検証しているわけでもないし、配合変化の専門書を見ても、載っていないこともある。



載っていても、ある条件において載っているということであって、

例えば、A薬品を溶解する溶解液が300mlのときにB薬品との配合変化を検証して「問題なし」と記載あっても、A薬品の溶解液が30mlだったとしたら、「問題ない」とはいえない。

結局、薬剤師は、限られた情報の中で、「大丈夫なんじゃないか?」「ダメなんじゃないか?」という推測で結論を出しているように思う。

この不十分な情報というのが、薬剤師が配合変化に弱い原因の一つなのではないか。

     

今日看護師さんから受けた問い合わせは、

トリプルルーメンのCVラインで、
メイン①:ビーフリード+ヘパリン+ガスター+メロペン(側管)+パシル(側管)
メイン②エフオーワイ1500mg/5%TZ250ml(持続精密)+ソルメドロール500mg/5%TZ100ml
メイン③エラスポール300mg/生食48ml(持続精密)+カタボンHi(持続精密)
で医師の指示があるが、このルートで投与して問題ないか?というもの。

調べてみたら、エフオーワイ+ソルメドロールは「直後混濁」でダメのようだ。
「エラスポール+カタボンHi」は、「エラスポール溶解なし+カタボンHi」だと、「直後混濁」でダメらしいが、
「エラスポール300mg/300mlで溶解したものとカタボンHi」は問題ないらしい。
ということで、今回のように高濃度のエラスポールだと混濁の可能性あるため、配合不可と回答。カタボンHiはメイン①の側管より投与することを提案。

また、末梢から1本ルートが取れそうとのことなので、
パシルを単独で投与すること。
フラッシュ後ソルメドロールを投与すること。
こうすれば、なんとか配合変化の問題なく投与できそうだと思われた。

薬剤部で注射を払い出すとき、現状では、どの薬剤がどのルートで投与されているかは分からないし、まぁ今回はたまたま看護師さんが、質問してくれたからよかったわけで、質問されず、そのまま投与していたなら混濁起こしていたのは間違いなかろう。

配合変化は難しい。この分野も僕の課題やなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
夜勤明け。連休後の仕事で忙しいかと思っていたけど、年末ということで

患者さんもたくさん退院していて、入院者数が少なくなってた。

ということで、明けはめずらしく定時に退勤。

ところで、昨日外科の医者から問い合わせを受けた。

「明日手術をする予定の患者さんなんだけど、エパデールを服用していることを
申告していなかったので、今日まで服用している。中止しなければならないか?
また、明日手術できるか?」

といった内容。

院内の規則を調べると、「エパデールは一応7~10日前に中止する」ということに

なっている。

でも、どうなんだろう?そんなに抗血小板作用は強くないと思うんだけどなぁ。

医者に「そんなに強くないなら服用していても、手術して大丈夫ですかねぇ」

と意見を求められたけど、そこまではさすがに答えられなかった。

エパデールくらいなら中止せずとも手術する(内容にもよると思うけど)ということを

聞いたこともあるけど、どうなんだろう?

病院毎や医師毎に方針が違いそうだもんねぇ。
関連記事
糖尿病セミナーへ出席してきた。

医師・コメディカル各々が一題ずつ講演したんだけど、

リハビリの話は眠ってしまった・・・

特別講演は「糖尿病診療におけるリスクマネージメント」と題しての

話だったんだけど、改めて医療業とはリスクの高い職種だなぁと感じた。


勉強会が終わってから、本屋さんへ。

自分にとっての課題と思われるものがいくつもあって、

どれから手を付けていいのかわからなくなってしまっているんだけど、

その中でも、最近気になりだしているのが、統計学。

今後研究発表をすることもあると思うんだけど、

そういうときに統計が分かっていないと、データを解析できないからねぇ。

それに、論文をよんでも、統計学が分かってないと

それらのデータを批判的に見ることができず、解析を信じるしかないもんね。

そういう意味で、統計も学ばないとなぁと思い、本を探してみた。

いろいろ読んでみたけど、難しいねぇ。どの本がいいのか?という

判断ができなかった。結局統計学の本は買わなかった。

その代わり、新刊コーナーを何気なく見ると、糖尿病の本を見つけた。

「糖尿病臨床スキルアップ」(南江堂)2007年11月10発行

おっ?と興味をそそられ軽く読んでみたらかなり面白そう~。

医者向けで、治療薬の選択などが細かに書いてある。

自分にとっては、かなりの有益な本になりそうだ。


僕は本を買うときはいつも「読みやすいか?」とか
「この本の何割くらいが自分にプラスになるか?」

などをいろいろ考えてしまい、結局初目でいきなり買ったりしないんだけど、

この本はかなりファーストインプレッションでくるものがあった。

ということで、衝動買いしてもうた~。

あ~他にもいろいろ課題があるんだけどなぁ。

この本もしっかりと読んで勉強しなきゃ。
関連記事
仕事は休みなんだけど、今度一般の人向けの教室で

頭痛薬の話をすることになっているので、

一日中その資料を作成してた。

パワーポイントおもしれ~。

凝りだすと、いろいろ試してみたくなるね。

しかし、基本的に絵的センスのない僕なので、

テキストの配置が悪かったりするし、中でも一番苦労するのが配色。

結構いろんなサイトとか見てきているはずなのに、

いざ自分で作ってみようとすると、なんだかヘン。

センスのある人はすぐに作れるんだろうなぁ。いいなぁ。
関連記事
脳循環内科の医師から質問を受けた。

医師「ねぇcenoskyくん、プレタールが誤嚥性肺炎予防に効くのは何やったかね?」

ceno「サブスタンスPのことですか?(深く突っ込まれると分からないので)
詳しくは知りませんけど~何か・・?」

医師「誤嚥性肺炎の予防で薬を出したいんだけど、ACE阻害薬とか、
あとガスモチンとかの他になにがあるかねぇ?」

ceno「(あ、やっぱり突っ込まれたか・・)他ですか・・いや~
よく分からないので調べてみます。」

ということで、いろいろ調べてみました。

そしたら、いくつかありました。

それは・・・

①アマンタジン
②レボドパ
③カプサイシン

どうやら、誤嚥性肺炎は、

大脳基底核の障害→脳内ドパミンの減少→サブスタンスPの減少

という機序で生じているらしい。

ということで、ドパミン量を増やす薬剤として、①②がよいのだそう。

アマンタジンはプラセボに比べ、肺炎の発症を1/5に抑えたという文献もあるほど。

カプサイシンを経口投与すると、サブスタンスPの増加が見られ、著名に改善
する報告もあるようだ。

ところで、アマンタジンの投与は、不穏、不眠など来たしやすいことが知られており、

その辺が心配ではある。

だけど、文献によると100mg/日の投与では特に認めなかったとのこと。

(高齢者には100mg/日でも注意が必要だと思われるが。)



なるほど~、これは使えるかも。



ということで、医師に情報提供。医師はアマンタジンのことは知らなかった様子。

調べてみた感じでは、アマンタジンは結構支持を受けている薬剤なのかもしれない。


医師も、不穏などの精神症状が心配だったようで、結局、まずはガスモチンから

始めて経過観察となりました。これで、効かなければアマンタジン試してみるとのこと。

もちろん、ガスモチンで改善あればそれでいいけど、

アマンタジンの効果も見てみたいなぁ。
関連記事
DIニュースを毎月発行していて、その担当なんだけど、

それを作成するのに、wordを使っている。

・・・しかし、そのwordの使いかたがいまいち分からん。

改行したり、インデント(?)とか段落をうまく使いこなせん。

結局どうしているかというと、とりあえず、段落とか無視して、

全てそのまま入力し終わったあとに、

分けたほうがいいと思ったら段落を付けたりしているんだけど・・

でも、結構、面倒。

行間を変えるのとかもいまいち使いこなせてないし、

別の資料からコピペした内容なんかも、文字のスタイルが違ったりして、

その文字体がウチのパソコンになかったりすると、そこだけ浮いたりして

いまいち見た目が悪い。使いこなせている人が周りにもあんまりいない

みたいだから、聞ける人もいないのよね。

エクセルとかパワーポイントは結構分かってきたんだけどなぁ・・。

未だに2003を使っているけど、世の中2007だからなぁ・・

早いところ2007にも慣れないといけないと思っているんだけど。
関連記事
例会に出席。

特別講演は、潰瘍性大腸炎の治療について。

僕は、その分野に特に詳しくもないし、臨床で触れることも少ないので、

聞いていても、「はぁそうですか」くらいにしか感じなかった。

ある程度基礎が分かってないとぜんぜんついていけない内容だった。
関連記事
症例検討会終了しました。

特に質問もされることなく・・・

こんなもんですかね。

しかし、どっと疲れが来たなぁ。

帰りに自分にご褒美ということで、

琥珀エビスビールを買って帰りました。
関連記事
明日、医療関係者向けの症例検討会があって、

その1コマで僕も話をすることになっている。

内容は、急性肺塞栓症に使われる薬剤についての話。

(具体的なお薬の名前は伏せておきます)

メーカーさんにいろいろ資料を提供してもらって

それをまとめただけなので、ある意味僕はMRみたいなもんか。

でも、MRさんはそれを専門をしているから、MRさんが僕の代わりに

話せばよかったんじゃないかなぁ?そっちのほうがよほど適切な情報が

伝わるかも?(いや、バイアスもかかるか・・)

今日は、その資料の準備と、発表の練習。

あ~大変だったなぁ。毎回こうやって資料をつくるのって大変なんよね。

でも、こうやって準備をすることで自分の勉強にも

なっているので、会を取り持っている医者から発表の依頼をされたら

がんばってやろうって思ってる。

この検討会は、毎回外部の医者なんか話を聞きにやってくるんだけど、

そんな前で話をするってのは、いつまでたっても緊張するなぁ。

明日大丈夫か~?
関連記事
右目の充血がなおらない。

実は昨日の朝起きてから充血があって、様子をみていたんだけど、

今日朝になっても治る気配ないので、ちょっと心配になった。

というのも、自分が担当している病棟で、

流行性結膜炎の患者さんが今入院しているから。

その患者さんを担当しているのは、僕じゃなくて相方のほうなんだけど。

もしかしてうつされたかも?ということで、念のため眼科受診。

診断の結果は、単なる充血(結膜炎?)っぽいとのこと。

だけど、もし目やにがたくさん出てくるようなら、

流行性の疑いあるので、早めに再診しなさいと言われた。

フルメトロン点眼(1日4回)を処方された。目薬さすのなんて何年ぶりか?

いつもは、点眼手技を説明している立場なのにね。

意外に点眼するのって難しいのね。

明日目が覚めて目やにドワーっととかじゃなければいいけど。
関連記事
病院で薬剤師をやっております。
入院患者さんのお薬を作りつつ、
病棟に上がって患者さんのお薬のことをお世話しております。

さてさて今日から日記を書いてみることにしました。

日々お仕事をしていて感じたことを記していきたいと思います。

ところで・・・



今日はいきなり今からお仕事(夜勤)なもんですから

これ以上書けないのであります。



それでは、夜勤行ってまいります・・・
あ~テンション下がるなぁ。

これからよろしくお願いします。
関連記事

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。