病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもや、下垂体関連記事。最近は、この周辺の内容ばかり勉強している。

今日は仕事休みなので、街の本屋さんへ行って、専門書を読んできた。
1冊持っておくと、他の分野も勉強できそうなので、買うか迷ったけど、
医学書、高いもんねぇ。
読んだ書籍はコレ。かなり分かりやすくて本当は一冊家にも置いておきたいくらいだ。

内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第2版 (単行本)
成瀬 光栄 (著)

   


内容を覚書。
汎下垂体機能低下症のホルモン補充療法を簡単にまとめると、

ACTH↓ には ヒドロコルチゾン
TSH↓ には レボチロキシン
GH↓ には ソマトロピン
LH/FSH↓ は、年齢や、成長の具合をみながら開始時期を考慮。
PRL↓ は治療法なし
ADH↓ には デスモプレシン

ということのようだ。

今度の症例検討会で話す内容をだいたい以下のような感じにしようと思う。

ヒドロコルチゾンは、10mgから開始し、維持量に持っていく。
朝夕に分けるときは、朝2:夕1の割合で分割。
発熱、感染などあるときは2~3倍量程度を服用。

レボチロキシンは、12.5~25μg/日から開始し、維持量に持っていく。
効果の判定は、TSHではなくFT4で決める。維持量はFT4の上限に設定する。

※ACTHとTSHの低下が合併している場合はACTHの補充を優先する。
逆に補充してしまうと、甲状腺機能回復による、副腎皮質ホルモンの代謝が
亢進し、副腎機能不全を悪化させてしまうことがある。(副腎クリーゼ)
ACTH治療開始1週間後よりT4の補充を行う。

LH/FSH
これはいろんな場合があるようで、ここに書くのは難しい。
理解するのもかなり難しい。実際に治療する医者と患者との話し合いで治療が
いろいろかわってくるようだ。
基本は、卵胞ホルモン・黄体ホルモン・男性ホルモンを補充する。

ソマトロピン これまた難しい。GH↓で生じる症状。小児と成人での違い。
2006年に成人GHDの適応を取ったことなどについて簡単に話す。

デスモプレシン
やっぱり一日尿量は1.5L~2Lとのこと(とある書籍参考)
(↑MRめ~。怒)
メーカー(後日学術にTEL)は2L~3Lと言ってたけど、
まぁ健常人の尿量を考えれば1.5L~2Lが目標尿量で、
病的尿量の3Lを超えないという風に解釈すれば
いいのかな。

他にも、
薬効にムラが生じる原因:点鼻手技的なもの、鼻炎などの吸収不良となる因子
薬が効かない場合の対処
誤って使用しすぎた場合の対処

などについて話をしようと思う。
だいぶ頭の中がまとまってきた。
だた、これを15分以内に収めるのが難しそう・・・。
関連記事
スポンサーサイト
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。