病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イナビル吸入粉末剤20mgの製品説明会を聞いた。

説明を聞いての感想。


吸入手技は至って簡単だと思った。

だけど製品を実際に触ってみると、薬剤トレーを横にスライドさせるときに動作が結構固く

スムーズに動かないと感じた。

まぁ吸入器自体は一回きりの使い捨てだから、メーカーもその辺に力を入れてないんだろう。



1本の製品あたり1回吸入でなく2回吸入になっているのはなぜかと聞いたところ、

吸入失敗によるロスを減らすためとのことだった。

「卵を1つのカゴに盛るな」ってことね。



あと、外来処方を院内にするのか院外にするのか?そこはまだ決まっていない。

速やかに吸入させるなら当然院内処方が望ましい。

院内ならば薬局で薬を交付するか、さらに速やかに吸入させる意味で診療科で投薬するかってことになる。

もちろん診療科で投薬してくれると薬局の手間が省けるので助かるんだけど。



それからタミフルやリレンザの位置づけ、使い分け。イナビルと比較すると

タミフル、リレンザ:5日間継続して服薬し続けるというデメリット
タミフル:腎障害時の投与量調節が必要、イナビル・リレンザには投与量調節の記載なし
リレンザ:吸入型ならば手技が簡素かつ短期間なイナビルに軍配が上がる
薬価(成人投与量):
 タミフルCap 約3000円(5日) < リレンザ 約3400円(5日) <  イナビル 約4000円(2本) 
なのでタミフルカプセルが一番安い。
予防投与の適応:タミフル、リレンザともに適応あり。イナビルなし。

ということで説明を聞いた当初は、

敢えてタミフルやリレンザを使う場合というのはなく、市場から消えてなくなるのではないかと思ったが、

イナビルには予防の適応がないことから、タミフルは消えてなくなることはないだろう。

リレンザは・・・ん~これは消えるかもねぇ。 今のところ取り立てて両剤より優位な部分が思いつかない。
関連記事
スポンサーサイト
入院患者さんの中には院外から持ち込まれた一包化された薬を継続して服用することは多々あると思います。

一包化内の薬が全て続行ならばなんら問題は生じませんが、

例えば、一包化内のワーファリンだけ中止とか、糖尿病薬だけ中止といった一部中止指示も出されることは多いです。

その場合、みなさんの施設ではどのように運用されていますか?

是非お聞かせください。


一包化内(持参薬)の一部中止指示をどのように取り扱いますか?

指示を一切受け付けない。その一包化薬は使用せず新規に院内処方する。

指示を受け付け、薬剤師が該当薬剤を除く。看護師には原則触らせない。

指示を受け付け、主に薬剤師が該当薬剤を除くが看護師が除くこともある。

指示を受け付け、主に看護師が該当薬剤を除くが薬剤師が除くこともある。

指示を受け付け、看護師が該当薬剤を除くが薬剤師は原則触らない。

上記以外の対応





-Mini Vote-

関連記事
最近配合変化の関連記事多いなぁ。まぁこれで一段落ついたんだけど。


院内研修の一環として医師・看護師・薬剤師向けに「配合変化に注意が必要な薬」の話をしてきた。

参加者は150人くらい。

自己評価では、そこそこうまくできたんじゃないかと思っていて、

アンケート結果が早速出ていたので、見せてもらったら・・・

とてもわかりやすかった 48.7%
まぁまぁわかりやすかった 35.8%
ふつう 11.5%
少しわかりにくかった 4%
とてもわかりにくかった 0%


おぉ、とても良い反応だったようだ。

ニッチなテーマであるだけに、興味がもたれなかったり、

理解してくれなかったらどうしようと思っていたけど、

意外にもみなさん熱心に聞いてくれていたみたいだし、

これで配合変化に対する意識が高まったかなと。


でも配合変化の問合せが多くなって薬局が今以上に忙しくなったりして・・・。
関連記事
山口県病院薬剤師会注射調剤特別委員会が編集している注射薬調剤監査マニュアル 第3版には、

ドブトレックス注のところにはラシックス注は「○」(配合可)と記載されている。

引用文献は、「ドブトレックスインタビューフォーム(2006.5)」と記載されている。

       


しかしながらドブトレックス注の添付文書には「pH8.0以上のアルカリと混合しない」との記載があり、

ラシックス注のpHは8.6~9.6(添付文書より)であり、配合をさけるべき薬剤と考えられる。

ドブトレックスキット点滴静注用の添付文書より引用

pH8以上のアルカリ性の注射液(炭酸水素ナトリウム注射液,アミノフィリン注射液等)と混合しないこと。[このような注射液と混合時,混合液がpH8以上になることがあり,pH8以上の溶液中では,本剤の分解・着色が促進される。またこのような注射液と混合すると,着色のほか混濁・沈殿を生じることがある。]



実際にドブトレックス注のインタビューフォーム(2009年10月改訂)を見てみると・・・

あれれ、配合変化のところにはラシックス注との配合試験を行った記載はどこにもない・・・。


ということで、ドブトレックスの会社に電話問合せ。

すると次のような回答だった。

製品開発時に一度だけ行ったドブトレックスとラシックスの配合変化試験では、

24時間後まで外観変化が見られなかった。

このため、発売当初のインタビューフォームにはラシックスとの配合変化については

外観変化はない旨を記載していた。

しかしながらここ数年の間に、両剤の配合による外観変化(着色、白色混濁)が報告されるようになり、

もともと、添付文書上に記載している「pH8.0以上のアルカリと混合しない」との文面とも矛盾することから、

整合性を保つためにもラシックス注との配合変化の結果をインタビューフォームより削除することにした。

現在は、両剤の配合を避けていただくようにおねがいしている。




とのこと。

どうやら2006年5月以降に、ラシックス注との配合結果は削除されたようだ。


実は、過去にもカタボン注とラシックス注の配合変化で同じような経験をしている。

カタボン注とラシックス注の配合変化 2008/12/03記載

このときも、注射薬調剤監査マニュアル 第3版には配合可と記載されているのに、メーカーに確認すると配合不可と言われた。


配合の条件や状況によって配合変化が起きたり起きなかったりするから難しいなぁと。

今回のような矛盾した記載がある場合の怪しい条件の場合は、配合しないのが一番安全なんだろう。
関連記事
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。