病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日病薬「平成24年度診療報酬改定について(速報)」からの引用

●病棟薬剤業務実施加算(入院基本料への加算)
新設 100点(週1回)
[算定要件]
① すべての病棟に入院中の患者を対象とする。ただし、療養病棟又は精神病棟に入院している患者については、入院した日から起算して4週を限度する。
② 薬剤師が病棟において医療従事者の負担軽減及び薬物療法の質の向上に資する薬剤関連業務(以下「病棟薬剤業務」という。)を実施している場合に算定する。
※ 病棟薬剤業務として、以下を規定することとする。
・ 当該保険医療機関における医薬品の投薬・注射状況の把握
・ 当該保険医療機関で使用している医薬品の医薬品安全性情報等の把握及び周知並びに医療従事者からの相談応需
・ 入院時の持参薬の確認及び服薬計画の提案
・ 2種以上(注射薬及び内用薬を1種以上含む。)の薬剤を同時に投与する場合における投与前の相互作用の確認
・ 患者等に対するハイリスク薬等に係る投与前の詳細な説明
・ 薬剤の投与にあたり、流量又は投与量の計算等の実施
・ その他、必要に応じ、医政局通知で定める業務
[施設基準]
① 薬剤師が病棟において医療従事者の負担軽減及び薬物療法の質の向上に資する薬剤関連業務を実施するにあたって十分な時間を確保できる体制を有していること。
② 病棟ごとに専任の薬剤師を配置していること。
③ 医薬品情報の収集及び伝達を行うための専用施設を有していること。
④ 当該医療機関における医薬品の使用状況を把握するとともに、医薬品の安全性に係る重要な情報を把握した際に、速やかに必要な措置を講じる体制を有していること。
⑤ 病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に資する体制が整備されていること。
⑥ 薬剤管理指導料に係る届出を行った保険医療機関であること。
※ 十分な時間として1病棟・1週当たり20時間を規定する予定

(2)病棟薬剤業務実施加算の新設に伴い、実施業務が重複する薬剤管理指導料における医薬品安全性情報等管理体制加算は廃止する。


これみて個人的に思ったこと。

1.病棟薬剤業務実施加算は、「入院基本料への加算」となっているから、薬剤管理指導業務のように、薬剤師が指導を行った際に算定するものではなく、医事課が週1回自動的に加算していく形になるのか。
極端な話「持参薬は何もなし、入院中に使用した薬剤は何もなし」の患者さんでも、算定要件に「すべての病棟に入院中の患者を対象とする」となっている以上、包括的に加算されてしまうということ?

2.「患者等に対するハイリスク薬等に係る投与前の詳細な説明」「投与前の相互作用の確認」
「投与前」という記載が気になる。必ず投与前に説明、相互作用の確認ができるかというと、それはムリ。
病棟滞在時間は「1病棟・1週当たり20時間」と、実質日勤時間の半分程度と記載されているが、
病棟に滞在していない残りの半分の時間にハイリスク薬が指示され投与されることだってあるだろう?
それをどうやって投与前に説明や相互作用の確認をしろと?この部分が矛盾している。
都合よく解釈してよいのなら「可能なら事前に説明、相互作用の確認をしてくださいね」ってことか。

3.医薬品安全性情報等管理体制加算(50点)が廃止される。
例えば、400床程度の急性期施設なら、入院患者は800人/月程度か。
この加算は入院初回に50点だから、薬剤管理指導業務の実施率80%で50点×800人×80%=32000点/月
この点数がなくなることになる。
変わりに今回の病棟薬剤業務実施加算はというと、800人が平均在院日数14日以内として計算すると、
100点×800人×2回=160000点/月。
差引き128000点/月の増点。
この増点分なら薬剤師2人の増員は可能と思われる。3人は厳しいかも。

4.「病棟ごとに専任の薬剤師を配置」
「病棟」と一言で言っても、1病棟10床程度の病棟もあれば50床の病棟もあるだろう?たとえ10床しかない病棟でも薬剤師一人配置しないといけないのか?薬剤師一人が受持つ病床数を明記したほうがよいのではないか?


5.「病棟ごとに専任の薬剤師を配置」
これについてもう一言。その専任薬剤師が夜勤だったり平日代休だったらどうするの?
代替の薬剤師が業務を行ってもよいのか?
もしそれがダメなら、実質上専任の薬剤師は夜勤はできないし平日の休みももらえないことになるけど・・。


2/13 21:40 追記

6.病薬のコメントに今日気づいたんだけど、この加算って
「全病棟に週に20時間以上(薬剤管理指導業務の時間は別に)薬剤師を配置すること等を算定要件として100点/週の評価となりました。」
と書いてあって、「薬剤管理指導業務の時間とは別に」この病棟薬剤業務の時間を持たなければならないのか。
・・これってかなり厳しくないか?
実質、薬剤管理指導業務4時間+病棟薬剤業務4時間/日ってことで丸一日病棟に貼りついて仕事して
やっと満たせる条件なんじゃないかと。

               
関連記事
スポンサーサイト
1/27~28の夜勤中。

朝方仮眠から目を覚ますと、異常なきつさと熱感を自覚。

熱を測ってみると37.2度。腰や関節が痛いし喉も痛い。夜勤中から寒気はしていた。

いやな予感がしながら夜勤が明けて帰宅。

自宅で測ると38度超。あ~急激な発熱。

これはインフルエンザの可能性があると思い、家に残っていたタミフルを1Cとクラビット服用し就寝。

39度超になったので解熱剤を使用。

午後から近医を受診。この時点で37.5度まで低下。

看護師からインフエルエンザ診断キットを鼻腔に突っ込まれる。あまり痛くなかった。

医者「ん~陰性ですねぇ、まぁ感染して陽性がでるまでまだ早すぎるかもしれませんから明日来てください。」

私「家にまだタミフルありますが飲んでおいたほうがいいですか?」

医者「いや、それは飲まなくていいでしょう。診断ついてから飲んでも遅くないと思いますよ。」

でも結局、念のためタミフルは夕方にもう1C飲んでおいた。



1/29。

再診。

昨日と同じ看護師から再度診断キットを鼻腔に突っ込まれるも、昨日よりもまだ痛くなかった。

医者「やっぱり陰性ですねぇ、うっすらとも出ていません。インフルエンザじゃないでしょう。」

私「あ、そうですか。よかったです」

医者「熱が下がったら仕事行ってもいいですよ」



1/30。

普通に仕事に行ってフルに働いてきた。もちろん熱はなかった。

夕方、嫁から突然職場に電話。子供と一緒に発熱したと。



1/31。

嫁・子供が別の病院を受診。診断キットでは二人とも「インフルエンザA」の診断。

診断キットを挿入されたとき、ものすごく痛かったと。

ちなみに症状と経過は二人とも私とほぼ同じだった。



はい・・・この時点で考えられたこと。

1.私は本当はインフルエンザであった可能性が高い。

2.診断キットを鼻腔に入れられたとき、あまり痛みがなくそれほど奥まで突っ込まれなかった。
 診断キットが正しく挿入されなかったために偽陰性とでたのではないか。

3.急激な発熱の後、解熱するまでの期間が短かった。
 そのため当時は、医師の診断も手伝い、インフルエンザではないと確信し安堵したが、
 実際のところは、発熱超初期から服用していたタミフルが著効した可能性が高い。

4.1/31はフルに仕事をしたが、病棟でも薬剤管理指導業務を行った。
 職場内や病棟で病原体をばらまいてきた可能性がある。

5.私は発熱時に受診し、医師の診断と指示に基づいて出勤した。
 仮に職場内や病棟でインフルエンザが発症したとしても、私が咎められるものではない。


グラクソスミスクライン社のホームページには、

インフルエンザ迅速診断キットについての説明が書いてあって感度のところには次のようにある。

迅速診断キットの感度
一般的に性別を問わず、ウイルス培養の結果と比較した感度は90%以上と言われています。実施において、検体採取の手技の巧拙が検査結果に最も影響を与える因子です。熟練した医師では感度が非常に高いようです。


手技が下手な人がやると本当は陽性なのに陰性とでるということだ。

「診断キット」って「診断」の名がついているものを看護師が行うってことは、

「看護師が診断」しているということになるよね。

難しい手技は、勤務で入れ替わりが多い看護師職だと手技レベルの統一ができないだろう。

これは本来、医師が責任を持ってやるべきではないだろうか?
関連記事

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。