病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

本屋さんに行って本漁りしてきた。

今回読んだのはこれ。

類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

          

題名のとおり、類似薬の違いや、特徴について細かく述べられている。

薬をある程度幅広く覚えたけど「この薬とこの薬はどうやって使い分けているの?」

って思い始めたら読むとよい本だと思う。

新人さんにはちょっと早いが、2年目3年目以降の人向け。

2時間もあれば一通り読めると思う。

私としては、スタチンの強度や代謝酵素の違い、抗てんかん薬の使い分けなどその他諸々学べた。


コンテンツは、

1.降圧薬
2.抗不整脈薬
3.狭心症
4.脂質異常症治療薬
5.糖尿病
6.消化性潰瘍治療薬
7.抗炎症薬
8.気管支拡張薬
9.鎮咳薬
10.皮膚疾患治療薬
11.抗菌薬
12.睡眠薬
13.抗不安薬
14.抗てんかん薬
15.骨粗鬆症治療薬

の全15章。

品揃えとしては私としてはちょっとだけ惜しいと感じたかな。

例えば抗精神病薬や抗うつ薬の違いについても触れてほしいところ。

あと、パーキンソン治療薬とかステロイドとか。

まぁ、そこは細かすぎてたぶん載せられなかったのだろうけど。

そこは専門書を別に読めってことか。
関連記事
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。