CKD勉強会

ここでは、「CKD勉強会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARBのメーカー協賛の勉強会に出席。

まずは自社製品(ARB)の情報を教え込まれ、その後腎臓専門の先生の講義。

CKD診療ガイド(日本腎臓学会)に沿っての話。

この診療ガイド以前パラパラ飛ばし読みしていたのだけど、これをちゃんと呼んでおけば

今回の話の理解をもっと深められたかも。



最近ようやく、「腎機能の把握がとても大事」ということを今更ながら

理解したみたいで、新たな薬剤が出たとき腎排泄薬剤かどうかまた腎排泄薬剤ならば

腎機能に問題がないかなど習慣的に考えられるようになってきた。

入院してきた初回の時点で、腎機能をチェックすることも最近では行うようになってきた。

眼科のパスであれば、腎機能の把握はさほど大きなウエイトを占めないと思うけど、

脳・循環器・糖尿病疾患ではルーチンにチェックをしていけるように

テンプレートを修正しようと思ってる。
関連記事
この記事へのコメント
長時間作用型のARB楽しみです。腎障害が気になりますが・・・。こちらでは、16日に、「処方箋を読む」と言う勉強会のパートⅡです。近隣の総合病院の薬剤科長の解説です。前回は専門用語バリバリで、自宅に帰ってから、インターネットをフル活用し、まとめました。今回もレベルの高い内容を期待してるんですよ。(理解できるかどうかは二の次ですが・・・。)
2008/07/10(木) 10:41 | URL | HANA #-[ 編集]
勉強会で多くのことが学べるといいですね。
2008/07/10(木) 21:30 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。