ノボインスリン製剤

ここでは、「ノボインスリン製剤」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から気になっていたことなのだが、

①ノボフレックスペンの総容量はどれだけか?

②中間型を含む製剤の交換時期は目盛り12単位以下であるが、
実際何単位使用したら目盛りが12単位となるのか?

これを調べるためにノボMRさんから試供品をもらって調べてみた。

もらったのはノボラピッド、レベミル、ノボラピッド30ミックスの3本。

結果は以下のとおり。


<ノボラピッド>

300単位打ったところがこれ

rapid300.jpg

まだ少し残っていて、結局あと5単位ダイヤルが回った。

よって総容量は305単位

使い切ったらこんな感じ

rapid_305.jpg




<レベミル>

300単位打ったところがこれ

levemir300.jpg

あと7単位ダイヤルが回ったので総容量307単位

使い切ったらラピッドと同じくこんな感じ

levemir_307.jpg



<30ミックス>

290単位打ったところがこれ。12単位の目盛りに差しかかるかかからないかというくらいのところ。

30mix290.jpg

ここからあと17単位ダイヤルが回ったので、総容量は307単位

結局12単位以下になったら交換と言われているから、総量として290~295単位くらい打った

ところが交換ということか。

使い切ったらこんな感じ。

30mix_307.jpg




今回、なぜこんな実験をするにいたったのかというと、以前ノボ社に

「12単位以下で交換すると言われているが、いったいどこまでダイヤルが回るのか」

という件について電話で質問したことがある。

このときの回答では、「ダイヤルは12単位以下にはならないように回ります。

ですから、ダイヤルが回らなくなったところが交換時期ということです」と言われた。

だけどそれが本当かどうかいまいち信用できなかったから確かめてみたくなったというわけ。



今回の結果をみれば分かるとおり、電話での回答内容は間違っているじゃないか。

この回答を言われた後、数名の患者さんにはそのように答えてしまった・・・。

・・・どうしてくれるんだ?

関連記事
この記事へのコメント
こんにちは。とても面白い実験です。確かに不正確ですが、300単位以上使えて「お徳」とも言える?
2008/08/01(金) 18:46 | URL | drarbeit #SFo5/nok[ 編集]
微妙に総容量が305と307で違うのが気になりますけどね。
ちなみにランタスソロスターの総容量は306らしいです。(6/12の記事にも書きました)

「白濁製剤の12単位以下交換」に関しては、
最初から12単位以下にはならないように製品を作ってほしいところです。
総容量を312単位にして300単位で終了(ダイヤルが回らなくなる)というように。
2008/08/02(土) 17:28 | URL | cenosky #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。