書籍購入

ここでは、「書籍購入」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書券が手に入ったので本屋さんへ。

いつも思うのだが、本買うのって本当に難しいと思う。

自分のレベルにちょうど合うものじゃないと、使えない。

なので、自分が今どこが分かっていてどこが分かっていないのか、

どこが知りたいのかということがはっきりしてないと、買うにも買えない。

ここ最近は買うつもりで何度か本屋へ足を運んだけど、

結局立ち読みで買わずじまいだった。いろいろ目を通すけど、どれも惜しいというか。

やっと今日買った。



レジデント初期研修マニュアル  と

絵でみる脳と神経―しくみと障害のメカニズム (JJNブックス)  の2冊



「レジデント~」の方は、僕は医者ではないけど医者が何を考えて治療しているのか

基本的なことくらい分かっておいたほうがいいと思って。

この本には、医師が診療を行っていく上で必要な、心構えとか検査・治療などについて

書かれている。薬剤師には不要な部分もあるけど、この本から学ぶものは多いと感じる。



「絵でみる~」の方は、脳梗塞の患者さんが入ってきて、脳のどこに梗塞があって、

どんな身体所見が現れてくるのか理解できるようになりたかったから。

この本はもともと看護師さん向けの本で、とても分かりやすく書いてあるのが気に入った。


患者さんのところへ行って薬の話をするだけなら、脳の構造や機能を知らなくても通用する。

でも最近感じるのは、脳梗塞と一言で言っても梗塞の部位や広さで全く症状や重篤度が

違うわけだし、梗塞はどこか?麻痺はどこかを理解することで、一人ひとりの患者さんに

対する理解がより深まるのではないかと。


2冊とも薬の話はあまり出てこないんだけど、やっぱり基礎が大事だと思う今日この頃。


ところで買ったはいいが、本当に読む暇があるのか。

早いところ両方とも読んでしまわないといろいろやることあるからなぁ。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。