下痢型過敏性腸症候群 イリボー 

ここでは、「下痢型過敏性腸症候群 イリボー 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事休み。

「アステラスネットプレス」というメール配信をご存知の方も多いと思うが、

僕はこの配信サービスを受けている。

いつもはメールが来てもまともに読まないんだけど、今日たまたま目に止まったのが

「イリボー」。

気になったのが、なんと言ってもその名前。見事にメーカーの戦略に嵌ったかもしれない。

「イリボー」って薬の名前らしくないのがいい。

薬というより何かのイメージキャラクターの名前っぽい。

その戦略にしっかり嵌って宣伝サイトを見てみた。

イリボーは、下痢型の過敏性腸症候群の薬。

成分はラモセトロン。ナゼア錠と同一成分で含有量が違うらしい。

イリボーは2.5μgと5μg。 ナゼア錠はその20~40倍の100μg。

もう少し詳しい情報はMRさんがきたら教えてもらおう。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。