イトリゾール注の専用フィルター

ここでは、「イトリゾール注の専用フィルター」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イトリゾール注の投与を行うときは付属の専用フィルターを使用して投与することとなっている。

取り扱い説明書も同梱されている。

この取り扱い説明書を読むと、フィルター部分はまず生食を通しエア抜きを行うとなっている。

ここで疑問に思ったのが

「もし、フィルターに生食を通さずいきなり溶解後薬剤を通したらどうなるか?」というもの。

看護師さんが、説明書を読まずについうっかり生食でフィルターを満たさず

投与するかもしれないし、実際本剤の製品には生食は同梱されていないし。

メーカーに確認したところ以下の回答を得た。

①フラッシュ目的
②生食を通すことでフィルター内のエア抜きを行う
③生食を先に通すことでフィルターの繊維が浸潤し、フィルターとして十分な効果を示すようになる
④溶解後薬剤をそのまま投与するとフィルター部位で結晶化を起こし目詰まりすることがある

とのことであった。

しかし、投与方法がえらい煩雑な薬剤だな。

すべての看護師さんが誤りなく投与してくれるだろうか?
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。