酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症について

ここでは、「酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医薬品・医療機器総合機構より、11/27付で安全性情報が発行された。

「酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症について」であるが、

たしか1ヶ月くらい前から添付文書改訂の話が出ていたような。


本日朝もネットのニュースなどで報道されていたようだ。

検索したところ、毎日新聞で以下記載があった。

(転載)
副作用:便秘薬の酸化マグネシウムで2人死亡
 便秘や胃炎に広く使われている医療用医薬品「酸化マグネシウム」の服用が原因とみられる副作用報告が05年4月~今年8月に15件あり、うち2人が死亡していたことが、厚生労働省のまとめで分かった。高齢者に長期間処方しているケースも多いことから、厚労省は血液中のマグネシウム濃度の測定など十分な観察をするよう、製薬会社に使用上の注意の改訂を指示した。

 酸化マグネシウムは腸の中に水分を引き寄せて腸の運動や排便を助ける効果があり、各製薬会社の推計使用者は年間延べ約4500万人に上る。

 15件の副作用は、服用が原因で意識障害や血圧低下などにつながった可能性が否定できないケースで、全員が入院。うち認知症などの病気を持ち、他の薬と併用して長期投与を受けていた80代の女性と70代の男性が、ショック症状などを起こし死亡した。15人中13人は、服用を半年以上続けていたとみられる。

 酸化マグネシウムは市販薬にもある。厚労省はこの成分を含む製品を副作用の危険が最も低い3類から、薬剤師らに情報提供の努力義務が課せられる2類に引き上げることを決めた。市販薬での副作用報告は今のところないという。【清水健二】

毎日新聞 2008年11月28日 東京朝刊

(転載終わり)



副作用報告が3年で15件、うち死亡が2例あるとのことであるが、少し騒ぎすぎのような気もする。

のべ4500万人であるから実際の服用者数はなんとも分からないが、

仮に年間500万人いたとしても、5人/500万/年→100万人に一人の副作用であり、

死亡までにいたる例はさらにその頻度は低い。


今回取り上げられたのは、「安全性が高いと思われていた薬剤も注意しなければならないぞ」

と警鐘を鳴らしているのだろう。母数が多くなれば副作用発現数も多くなるわけであるし。


しかしながら投与者すべてに対して定期的に採血を行うのは不可能である。

重点的に注意すべき対象を絞り込む必要があるだろうと思われる。リスク因子としては

・長期服用時
・高齢者
・腎機能低下患者
・高用量服用時
・活性型ビタミンD3製剤併用時

こんなところか。



もしかしたら、今日患者さんから本件について問い合わせあるかもと思っていたら、

僕は聞かれなかったが、同僚は聞かれたようだ。

朝の申し送りで本件について少し触れていたからうまく対応できたとのこと。

医師にも早期に情報提供しようと思っている。
関連記事
この記事へのコメント
私は昨日1件、今日1件質問されました。みなさん結構ニュースに敏感ですよね。だからTVであまり大げさに報道されたり、これが身体にいいですよ・・なんていうのを流されると大変ですね!
2008/11/29(土) 16:08 | URL | らら #-[ 編集]
そうですね。メディアの影響力はとても強いですからねぇ。
今回に限って言えば、ウチでは今のところ大きな混乱は生じていないようです。
2008/11/30(日) 10:22 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。