漢方薬を別の漢方薬に切り替えるなら?

ここでは、「漢方薬を別の漢方薬に切り替えるなら?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整形外科医から問い合わせ。

「疎経活血湯に変わる当院採用の漢方薬は何か?」というもの。

僕は漢方薬は苦手・・・。というよりあまり興味がない。

しかしこの「漢方薬の代替漢方」ほど選びにくいものはないんじゃないか?

漢方薬は証が違えば適応があっても効かないというし。

だから、代替薬ってのは、本来薬剤師が軽々しく答えることはできないと思っている。

しかしながら、医師はそれを質問してきていて何らかの回答を期待しているわけだ。


ということで今回は「ツムラ医療用漢方製剤」というハンディタイプの辞書の表で、

関節痛・神経痛・筋肉痛の適応をもつ漢方薬を医師へ紹介した。

といっても、その中でも院内採用薬は桂枝加朮附湯、牛車腎気丸、八味地黄丸

の3種類しかなかったのだけど。あとの判断は医師に投げた。


漢方専門の薬剤師の先生が聞いたら叱られそうであるが、僕にはこのくらいの回答しかできない。

でも、たぶん、こういった質問をしてくる医師の側も実際には漢方には詳しくなく、

証とかあまり気にせず適応のみで判断していると思われるから、

僕がこうやって回答しても、医師の反応も悪くない。

漢方専門の先生すみません。漢方は難しいので、これで勘弁してください。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。