腎機能低下時のビタミン・微量元素投与量

ここでは、「腎機能低下時のビタミン・微量元素投与量」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師から問い合わせ。

「TPN投与中の腎機能低下患者に総合ビタミン剤と微量元素を追加したい。投与量はどうすべきか?」

というもの。

添付文書を開いてみるも、「腎障害時は高い血中濃度になることがあるので減量すること」との

記載しかなく、どのくらい減量すればよいかの指標がない。

薬局内の書籍で調べるもみつからず。

メーカーに確認してみたが、添付文書と同じことしか回答されなかった・・・。

結局こちらとしては医師に対して、具体的な数字としてはなんとも回答しがたく、

CCr30ml/min程度ならば、投与量を1/2~1/3に減量するか、

隔日投与など投与間隔をあけて投与してみてはどうかと提案した。

これで正しかったのかは分からないが。
関連記事
この記事へのコメント
お久しぶりです。
以前に蛋白置換の事でコメさせていただきましたdoraです。
ビタミンについてですが(透析患者では別ですが)CKDの場合ではTPN用のマルチビタミンで過剰になる事はないと思います。微量元素も問題ないと思います。ただ、透析患者では逆に水溶性ビタミンが不足する場合があります。透析で除去されますから。脂溶性ビタミンに関してはビタミンDが蓄積するという清書はありますが、見た事はありません(あったとしても普段モニターしているCa、P、intact-PTHあたりから察知できるでしょうし)。現在では、長期でTPN管理する場合は稀でしょうし。
2009/01/19(月) 21:33 | URL | dora #-[ 編集]
>ビタミンについてですが(透析患者では別ですが)CKDの場合では
>TPN用のマルチビタミンで過剰になる事はないと思います。
>微量元素も問題ないと思います。

いつもコメントありがとうございます。
今回は、薬剤部内で「常用量で大丈夫と思いますよ」と答えられるだけの根拠を
見つけることができなかったため、メーカーへ確認することにした次第でして、
メーカーの回答に頼らざるを得ない状況でした。
doraさんのように優秀な方でしたら、医師に対してdoraさんが記載なさったように
「減量の必要なし」と回答できるのでしょうね。
doraさんと一緒に勤務していたのならば、薬剤部の責任で
そのように回答できたかもしれません。

今後ともよろしくお願いします。
2009/01/19(月) 23:38 | URL | cenosky #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。