症例検討会

ここでは、「症例検討会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
院内で、2ヶ月に1度の症例検討会。

最近全然出席していなかったのだけど、この前の委員会で、

出席者が少ないことが問題視され出席を促されていた。

今日会場に行ってみると、今回のテーマにほとんど関係ないような

若い栄養士さんたちも狩り出されてた。

だけど、本来来るべき研修医はほとんど来ていなかった。


今回は脳外科の医師による、内頚動脈狭窄の手術例について話と

放射線技師による脳血流スペクトの話。

放射線科の話は、正直よくわからなかった・・・

話し方が悪かったのではなくて、根本的な内容が。



ところで、最近、この症例検討会で薬局は話していない。

過去にデスモプレシンの話をして以来か。

今まで、薬局が話すとなると、医師が経験した症例に関係する薬の話をすることが

ほとんどなので、薬剤師が病棟でどのように活動したのかといった内容は

ほとんど話せていない。先に書いたデスモプレシンの話が唯一症例報告だった。

せっかくならば、薬剤師がどのように関わっているのかといったことを話せるといいと

思っているのだけど、なかなか人前で話せるほどの管理指導ができていないのが現実。

今日の放射線技師さんの話も、最近の同科の動向や、活動内容を交えての話で

外部や他部署に対していいアピールになっただろうと思うし、

薬局も負けてられないと思った。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。