メトホルミンとヨード系造影剤の併用禁忌

ここでは、「メトホルミンとヨード系造影剤の併用禁忌」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月にメトホルミン(メルビン)とヨード系造影剤の併用が禁忌となったらしいのだけど、

当薬局にはその情報が来てなくて、Webサイトで初めて知ったところだった。

メーカーに事実確認のため早速電話したところ、代理のMRさんが飛んできた。

「誠に申し訳ありません。担当のMRは体調を崩しておりまして・・・」とのこと。

「ならば、出勤できなくなった時点で代理のMRを充てるのが普通なのでは?」

と内心思ったのだが、まぁ大事なのはその情報についてなのでそこには特に触れず。


で、本題に入り、今回改訂になった経緯というのは、日本臨床内科医会からの要請があってとのこと。

海外の添付文書に倣って(といってもアメリカとイギリスだけなのだが)改訂するにいたったらしい。

また、2008年9月時点では国内における

「ヨード系造影剤とメトホルミン製剤併用における乳酸アシドーシス発症死亡例」

を(メルビンの)メーカーは把握していなかったらしいのだけど、

実はすでに平成16年 第98回日本循環器学会近畿地方会においてその報告があったようだ。


当院では、去年のちょうど今の時期あたりに

「ヨード造影剤使用時のメトホルミン製剤の中止手順」を取り決めしたところだったのだが、

当時はまだ両剤は「併用注意」だったことや、

国内での死亡報告がなかったこと(メーカーが当時そのように把握していた)、あるいは

いまひとつ運用方法が不十分だったためか、中止の徹底はできていないと思われる。

しかし、今回併用禁忌となってしまったからには、確実に中止してもらわねばならない。

本件に関して再度情報提供するとともに、造影前の薬確認や中止の手順が

どのようにおこなれているのか確認しようと思う。
関連記事
この記事へのコメント
添付文書、再改定になるようですね。
禁忌ではなくなるそうです。
○Pの暴走が原因だとか。
2009/06/19(金) 16:00 | URL | dora #-[ 編集]
えぇ?そうなんですか!?
せっかくDIニュース作って、もうすぐリリースする予定だったのですが・・(遅っ)
まぁ私の対応の遅さが幸いして、
「禁忌ではなくなった」情報を再稿せずに済んだだけよしとしますか。
貴重な情報ありがとうございました。
2009/06/20(土) 02:10 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。