PTP誤飲・・・タイムリーなことに

ここでは、「PTP誤飲・・・タイムリーなことに」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぁ、PTP誤飲の話題が盛り上がっていたところに、見事にその事故が発生してしまった。

実は4月にも1例あって、これが今年2例目のよう。

これは見過ごすことはできない。何らかの対策を考えないとなぁ。

今回の症例に関しては、誤飲した詳細を本人から聞き取りした。

過去の事例と比べてみると、発生状況がよく似ていることが分かった。
関連記事
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。薬局をしております。

入院患者さん全員1包化。っいうのは、やっぱり難しいのでしょうか?

もしくは、ヒートを薬袋に入れたまま管理してもらい、服薬した際にカレンダーなどにチェックするようにしては、どうでしょうか?カレンダー付の薬袋なんかもあったと思います。

僕の薬局では「A薬 21錠」を調剤する時も「ヒートを10錠+8錠+3錠」などして、1錠ヒートがなるべく出ないようにしています。
2009/06/27(土) 13:16 | URL | くすりや ササ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

>入院患者さん全員1包化。っいうのは、やっぱり難しいのでしょうか?
現状では難しいと思われます。また、入院患者の誤飲は当院ではいままで起きておらず、全て外来で誤飲し入院となった例です。

>もしくは、ヒートを薬袋に入れたまま管理してもらい、服薬した際にカレンダーなどにチェックするようにしては、どうでしょうか?
代替の服薬方法の一つとして参考にさせていただきます。ありがとうございます。
2009/06/29(月) 06:39 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。