ハベカシンTDM

ここでは、「ハベカシンTDM」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハベカシンは当院ではあまり使われないので、TDMも少ない。

なので、僕も含めスタッフの多くが、ハベカシンのTDMは苦手。

今日も先輩の患者さんでTDMの依頼が出たので、一緒に考えた。

ところで、

有効血中濃度は、点滴開始1時間後の値が、7~12といわれている。

ここで、少し注意しないといけないのは、7~12に入るのは、Cmaxではないので、

実際にTDMソフトでグラフを描いてみると、Cmaxが12を超えてしまうこともある。

これはこれで全然問題ない。

とにかく、β相に入る点滴開始1時間後の値がどうなのかが重要。


しかし、ウチではさらに問題がある。

実は、TDM対象薬剤の採血時間がそれぞれ違うと、看護師サイドが

混乱してしまうため、バンコマシン・タゴシッド・ハベカシンの3剤は

全て、採血時間を次のように統一している。

「トラフは投与直前。ピークは点滴終了後1時間後」

タゴシッドはピークは不要なのにね。患者さんに無駄な負担をかけているわけだし。

看護師さん検査技師さんの仕事を無意味に増やしているし。DPCでお金の無駄使いだし。

個人的にはこの統一はやめたほうがいいと思っているんだけど。

ということで、ハベカシンも、30分かけて点滴したとして、その1時間後に採血なので、

点滴開始1時間30分後の採血となるわけ。

つまり本来の点滴開始1時間後がいまいちつかみにくい。

まぁ多少ピークが超えたからって、大きな問題は起きないとは思うけど。


いつもお世話になっている本
図解 よくわかるTDM―基礎から実践まで学べるLesson125
   
関連記事
この記事へのコメント
ネットサーフィンしててたどりつきました。僕も薬剤師してます。ひとつ聞きたいことがあるのですが、DPCが入るとTDMの加算もまるめになってしまうのですか?。よければ教えてほしいです。
2008/10/14(火) 18:57 | URL | nao #co9xvPLk[ 編集]
私の頼りない記憶では、TDMは確か出来高だったと思います。
しかし間違っているかもしれません。
私に聞くよりも、先生のご施設の検査科の方か医事課の方に
聞かれたほうが適切な回答が得られると思います。
お役に立てず申し訳ありません。
2008/10/14(火) 22:07 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/32-475da807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。