緩和ケア

ここでは、「緩和ケア」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病棟が変わってからは、癌の患者さんを担当することが多くなってきて、

麻薬による疼痛管理を経験するようになってきた。


患者さんによっては、緩和ケアチームの介入もあるのだけど、

私としてはコントロール良好と思われる症例でも、緩和ケアチームのコメントは、

「麻薬の増量を検討してください」と書いてあったり、その逆のパターンもあったりして、

自分の疼痛評価がうまくできていないのだろうと思っている。

今日は、院内で開催された緩和ケアの勉強会に出席してきた。

内容は基本的なものだったらしいのだけど、

まともにこの分野について学んだことはなかったので参考になった。

疼痛評価についても簡単に触れられていたのだけど、十分な習得には訓練が必要かと。

それから、この勉強会に出席して思いついたのだけど、

緩和ケアの回診に私も同行させてもらって、そこでどういったことが話されているのか、

どのように疼痛評価しているのかを見学させてもらうといいのかも。

早速担当薬剤師さんに同行を願い出てみるとしよう。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。