ラジレス(アリスキレン)の説明会

ここでは、「ラジレス(アリスキレン)の説明会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
院内でラジレス(アリスキレン)についての説明会があった。

とても有望な薬であることは分かったのだけど、

さて、この薬をどんな人に使っていったらいいのかよく分からない。

MRさんに質問してみたけど「まだ発売されたばかりなので・・」ということで、

いくつかの報告を教えてもたったものの、具体的な回答はなかった。

投与が推奨される患者というのは、これから明らかになってくるのだろう。

メーカーとしては、新規作用機序の薬剤であり、

今後、高血圧ガイドラインにおいてファーストラインでの推奨薬のポジションを狙っているみたい。



ラジレス(アリスキレン)に関する報告を調べてみた。

AVOID【Aliskiren in the Evaluation of Proteinuria in Diabetes】
「高血圧,2型糖尿病,腎保護推奨治療を受けている腎症患者において、
aliskirenは降圧効果とは独立した腎保護効果を有している可能性」が示されている

ALOFT【The ALOFT (ALiskiren Observation of heart Failure Treatment) study】
心不全患者で標準的治療を行っている患者にラジレスを加えることで、
BNP、尿中アルドステロンを低下させることが分かっており、心保護目的での投与や、
多剤併用が期待される。

ALLAY【Aliskiren in Left Ventricular Hypertrophy】
左室肥大を合併した高血圧患者におけるレニン阻害薬アリスキレンの左室肥大退縮効果がロサルタンに劣らない(非劣性試験)ことが示されている。しかし、アリスキレン+ロサルタン併用投与によるロサルタン単独投与を凌ぐ、降圧効果とは独立した有意な退縮効果は認められなかった。

ASPIRE HIGHERについての記載は、
直接的レニン阻害剤(DRI) アリスキレンの臨床試験プログラム「ASPIRE HIGHER」(メーカープレスリリース)
2012年の結果が待たれるところ。


当サイトで過去に掲載した関連記事
直接的レニン阻害薬 ラジレス(アリスキレン)が出るらしい。2009/07/09
関連記事
この記事へのコメント
こんにちは今年大学を卒業して大学病院で研修生として勉強させてもらってますラジレスはうちの病院でも使われているみたいです
2009/10/11(日) 12:50 | URL | プー #-[ 編集]
当院でも採用になる予定です。
どんな薬なのかとても興味があります。
2009/10/12(月) 06:30 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。