著作権について学ぶ

ここでは、「著作権について学ぶ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうやってブログなんてものを書いていて、ふと著作権のことが気になってきた。

どこかのサイトから医療情報などを引用してそれについて記載することがあるけど、

それは本当に行って良い行為なのだろうか、正しく行えているのだろうかと。

今回は薬剤師の仕事とはあまり関係ないのだけど、

著作権法に触れていないか心配になってきたので、著作権について調べてみた。

(社)著作権情報センターに参考となる情報が記載されている。

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。<(社)著作権情報センター 国内法令より>


また、Q&A集には次のように記載されている

Q.他人の著作物を引用するときの注意点を教えてください。
また、出所の明示はどのようにすればよいのですか?
A. 引用とは、例えば論文執筆の際、自説を補強するため、他人の論文の一部分をひいてきたりするなどして自分の著作物の中に他人の著作物を利用することをいい、この場合、著作権者の許諾なしにその著作物を利用することができますが、「引用」といえるためには、「引用の目的上正当な範囲内」で行われるものであり、また、引用される部分が「従」で自ら作成する著作物が「主」であるように内容的な主従関係がなければなりません。さらに、かぎ括弧を付けるなどして引用文であることが明確に区分される必要があります。
 なお、引用の際の出所の明示の仕方ですが、引用部分を明確にした上で、その後に誰のどの著作物であるかを表示するなど、少なくとも引用された著作物の題号や著作者名が明らかに分かるような表示が必要です。 <(社)著作権情報センター Q&Aより>



これらから考えると、
①著作物を引用しそれに対して何らかの評価を加えたり研究をしたりすることは可能であり、またこの場合は著作権者の許諾なく行えるということ。
この「著作権者の許諾が必要かどうか」というのが今まで気になっていたことで、よく書籍には「著作権法で保護され~許諾なく複写複製を禁ず」など記載されており、引用に対しても「本当はいちいち許諾が必要なのか?」と思っていた。
また、
②自らの著作物が「主」で引用が「従」となる内容でなければならないということであり、
単なる他者の著作物の引用のみでそれに対し自己の表現を用いて触れず、引用部分を紹介しているだけにとどまっているものは、著作権法違反となる可能性があるということ。
③引用した場合は引用した部分が誰のもので、どこからが引用でどこからが自己の著作物なのか区別が必要であること。

当サイトでも今までいくつか他の著作物を引用してきたことがあったため、それらを見返してみたところ、厳しく自己判定すると表記方法などで問題があるかもしれないものがいくつかあった。
他のサイトで「引用」がどのようになされているか、いくつか参考に見せてもらったが、
正しく引用して記載されているサイトもあれば、
大量に他著から引用してそれに対する自己のコメントは一行だけ、もしくは全くなし
というサイトもあった。これでは「主」「従」が逆転していると取られる可能性がある。

ブログを書くことは誰でも簡単にできるようになってきたけど、
こういった著作権についてよく知らずに書いている人は私を含めて多いのかもしれない。
今後は、国内法令を遵守し違反することのないよう十分注意して記載することを心がけたいと思う。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。