薬剤師の病棟常駐で機能評価係数がつくのか

ここでは、「薬剤師の病棟常駐で機能評価係数がつくのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうやら来年の診療報酬改定では、DPC病院においては、

薬剤師が病棟常駐することで機能評価係数を上げることが決定しつつあるらしいことを聞いた。

とある関係筋から聞いた話。(もちろんまだ確定したわけではない)

今年7月には「DPC病院における薬剤師の病棟業務に関する実態調査」というものが

行われていたみたい。

私はもともとこの辺には明るくないもので今回調べて今頃知ったのだけど。

こういった調査結果に基づいて薬剤師の病棟常駐の重要性が評価されたのだろう。


当院の現状では、病棟に薬剤師が各病棟に2名配置しているものの、

一日中常駐しているわけではないため、今度の改定でこの評価係数が組み込まれた場合は

薬剤師の増員へ向けての足がかりとなることは間違いない。

増員できれば病棟業務をさらに充実展開させることができるし、

ぜひともこの係数は新設してほしいところ。

もちろん改定に際しては「常駐し○○の業務を行っていること」のように、

常駐するだけではダメで、何らかの条件付きではないかと推測されるが。


現状では確実に行えていなかったもので、薬剤師の病棟常駐により充実できそうな業務としては

持参薬管理の徹底、残数(飲み残し)の調整、配薬・服薬確認などがある。

これにより患者さんに対する貢献度向上はもちろんのこと、

薬の管理を徹底し無駄な処方をなくすことで病院経営にもメリットがある。

医師看護師からの薬剤に関する問合せの対応も速やかに行えるようになることで、

薬剤師の存在価値は向上する。

医師の指示もリアルタイムに受けることができるようになると、

患者の状況をタイムラグなく把握することにもつながり状況把握にかかる時間が少なくてすむし

処方に対する評価が速やかに行われ処方ミスを予防または初期段階でブロックできる

というメリットもあるだろう。


薬剤師の病棟常駐。これは今後の薬剤師業務の展開には不可欠なものだと思う。
関連記事
この記事へのコメント
はじめまして。これからも、はいけんさせていただきまーす。ちなみにうちの病院も薬剤師さんが病棟やオペ室なんかにいますね。オペ室は常駐してますな。ではでは。v-222
2009/11/28(土) 01:07 | URL | imuzio #-[ 編集]
SPDはウチでも導入しており大変助かっています。これからもよろしくお願いします。
2009/11/28(土) 06:31 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。