ステロイド性骨粗鬆症の予防・治療

ここでは、「ステロイド性骨粗鬆症の予防・治療」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病棟回診時に、看護師長から質問。

看護師長「ステロイド使用している方にボナロン出していますが、出ていない人もいますよね。どういった基準で出す出さないを決めるんですか?服用期間ですか?」

私「・・わかりません、それは私より先生の方が詳しいでしょう?」

と、居合わせた医師に質問を振ってみた。

医師「長期服用になりそうな場合かな・・だいたい1ヶ月以上を目安にしているけど」


との回答。お勉強になりました。


そういえば以前、ファイザー社のエスタブリッシュ部門がステロイドの勉強会を開いていて、

そこで「ステロイドプラクティス」というwebサイトが紹介されていた。


このサイト、ステロイド全般の知識が学べて結構有用だと思う。


今回の質問に対する答えもしっかり載っていた。

ステロイドプラクティス 7)ステロイドの副作用 骨粗鬆症
str_b272.jpg

実際の現場では骨密度の測定をそれほど行っていないだろうから、

経口ステロイドを3ヶ月以上使用中あるいは使用予定で、

プレドニゾロン換算5mg以上であればビスホスホネートの投与を行うと覚えておこう。

質問してきた看護師さんにもこの表を見せてあげることにしよう。
関連記事
この記事へのコメント
こんにちは。MRをしているものです。
ブログ拝見させていただきました。
とても勉強になりました。
また継続的にお伺いしたいと思っています。

話は変わりますが、私もブログをやっておりますので
お手すきの時にでも是非ご覧下さい。

それと、もし差し支えがありませんでしたら、相互リンクをお願いしたく
考えておりますが、いかがでしょうか?ご検討お願いいたします。

またお伺いさせていただきます。

続・大手製薬会社転職MR(医薬情報担当者)の日々の生活
http://c3045051.blog89.fc2.com/

2010/07/04(日) 23:41 | URL | MR@TK #-[ 編集]
>それと、もし差し支えがありませんでしたら、相互リンクをお願いしたく
>考えておりますが、いかがでしょうか?ご検討お願いいたします。

続・大手製薬会社転職MR(医薬情報担当者)の日々の生活 管理人さん

MRさんの仕事については前々から聞いてみたいと思っていたのですが、参考になりますね、とても面白いです。
相互リンクさせていただきましたので、こちらこそよろしくお願いします。
2010/07/05(月) 14:30 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
書き込みありがとうございます。
またリンクありがとうございました。

私もリンクさせて頂きましたので
今後ともよろしくお願いいたします。

続・大手製薬会社転職MR(医薬情報担当者)の日々の生活
http://c3045051.blog89.fc2.com/
2010/07/05(月) 21:34 | URL | MR@TK #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。