デュロテップMTパッチ適正使用

ここでは、「デュロテップMTパッチ適正使用」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンセンファーマからデュロテップMTパッチ適正使用徹底のお願いってのが出ている。

これに掲載されている症例1はかなりひどいものがあるなぁ。

患者の強い要望があったとはいえ、

e-learning未受講でいきなり8.4mg貼付ってのは極めて危険な行為ではないか。

経口モルヒネ換算で135mg超/日をいきなり投与ですか。

さらには、この処方が院内処方だったのか院外処方だったのかわからないが、

この処方について薬剤師は関わらなかったのか?



症例3についても投与日数に不審な点がある。

処方開始日に4.2mgを9日分処方したのち、処方開始4日後にさらに15日分処方している。

処方開始14日後の受診の時点ですでに24日分(9日+15日)処方しているのは明らかに過剰な処方と思われる。

そこからさらに15日分の処方がでているのだが、なぜそこまで処方する必要があったのか?

「患者が処方されたものを全て貼付したかは、処方医も弊社も不明である。」と記載されているけれど、

患者さんが貼りすぎていた可能性がある。

医師は患者が正しく貼付していたかどうかを確認した上で過剰な日数を処方したのだろうか?

また、貼付についての指導は誰が行ったのか、正しく行われたのか。

さらには、この処方についても薬剤師は関わらなかったのか?


いずれにしても薬剤師はこういった怪しげな処方を見逃してはいけないし、

服薬指導を確実に行わなければならないんだって思う。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。