ラジカットは30分かけて投与する

ここでは、「ラジカットは30分かけて投与する」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジカットが「60分かけて投与」の指示でオーダーされてきた。

添付文書上は、「30分かけて投与」となっているけれど?


以前テイコプラニン(ジェネリック)のTDMソフト 2010/06/04 の記事を書いたとき、

コメント欄にひとみさんからもこの件についての質問を書き込んでいただきました。

当時、私はその処方を見た経験がなく、

添付文書上「30分かけて投与」と記載されている理由が分からなかったのだけど、

今回その理由を知りたくてメーカーに質問。

すると以下回答。

開発試験の動物実験段階で、「30分かけて投与」と「60分かけて投与」を行ったところ、

「60分かけて投与」した群では効果が見られなかった。

このためそれ以後のヒトに対する試験では、「30分かけて投与」しか行われていない。

ヒトに対して「60分かけて投与」した場合の効果は不明である。



とのこと。

勉強になりました。

ところで、今回「60分かけて投与」と指示した医師に、

「添付文書上『30分かけて投与』となっているが、なぜ『60分かけて投与』の指示にしたのか」

と質問したところ、「負荷をかけたくないため」とのことであった。

ちなみに処方医の専門は「循環器」。 循環器医らしい答えだなぁと。



よろしければ以下アンケートにお答えください。


ラジカットを「30分かけて投与」しなければならない理由をしっていましたか?

知っていた

知らなかった





-Mini Vote-

関連記事
この記事へのコメント
質問した内容について調べていただき、ありがとうございます!
おそらく1時間もかけてたらフリーラジカルを捕らえる力が弱っていくのかなあと考えていましたが、今回はっきりわかってよかったです!

先生たちは、速度指定などあまり気にしてないのですかね・・・。
以前アルガトロバン(スロンノン)についても30分投与をする先生がいて、質問しましたが、それでいいとのこと・・・・薬剤師の無力さを実感しました。
メーカーに聞くと、半減期が短いために3時間かけたほうが効果があると考えられますと教えていただきましたが、先生の意思を変える力もなく・・・
薬剤師1年目の私ですが、医療現場における薬剤師の意味が少しわからなくなってきます・・・
2010/10/19(火) 15:14 | URL | ひとみ #-[ 編集]
30分で投与しないと効果が無いのを徹底できていないのはメーカの責任もあるのでは無いでしょうか。
2011/01/04(火) 00:35 | URL | みの #jYbOzkUY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。