イナビル吸入粉末剤20mg

ここでは、「イナビル吸入粉末剤20mg」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イナビル吸入粉末剤20mgの製品説明会を聞いた。

説明を聞いての感想。


吸入手技は至って簡単だと思った。

だけど製品を実際に触ってみると、薬剤トレーを横にスライドさせるときに動作が結構固く

スムーズに動かないと感じた。

まぁ吸入器自体は一回きりの使い捨てだから、メーカーもその辺に力を入れてないんだろう。



1本の製品あたり1回吸入でなく2回吸入になっているのはなぜかと聞いたところ、

吸入失敗によるロスを減らすためとのことだった。

「卵を1つのカゴに盛るな」ってことね。



あと、外来処方を院内にするのか院外にするのか?そこはまだ決まっていない。

速やかに吸入させるなら当然院内処方が望ましい。

院内ならば薬局で薬を交付するか、さらに速やかに吸入させる意味で診療科で投薬するかってことになる。

もちろん診療科で投薬してくれると薬局の手間が省けるので助かるんだけど。



それからタミフルやリレンザの位置づけ、使い分け。イナビルと比較すると

タミフル、リレンザ:5日間継続して服薬し続けるというデメリット
タミフル:腎障害時の投与量調節が必要、イナビル・リレンザには投与量調節の記載なし
リレンザ:吸入型ならば手技が簡素かつ短期間なイナビルに軍配が上がる
薬価(成人投与量):
 タミフルCap 約3000円(5日) < リレンザ 約3400円(5日) <  イナビル 約4000円(2本) 
なのでタミフルカプセルが一番安い。
予防投与の適応:タミフル、リレンザともに適応あり。イナビルなし。

ということで説明を聞いた当初は、

敢えてタミフルやリレンザを使う場合というのはなく、市場から消えてなくなるのではないかと思ったが、

イナビルには予防の適応がないことから、タミフルは消えてなくなることはないだろう。

リレンザは・・・ん~これは消えるかもねぇ。 今のところ取り立てて両剤より優位な部分が思いつかない。
関連記事
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/05/31(火) 16:26 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。