フェブリクがあれば・・・

ここでは、「フェブリクがあれば・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日経験したこと。

肝硬変、腎機能低下状態で尿酸値が11超と高いため尿酸値を下げたい。

肝硬変のためベンズブロマロンは使いにくいということで、

アロプリノールを腎機能に応じて100㎎と低用量服用開始。

低用量投与したものの、間もなく薬疹出現のためアロプリノール中止。

さて、尿酸値を少しでも下げたいのだがどうしたらよいものか・・・。

と、ロサルタンとシルニジピンの尿酸値低下作用を期待して処方提案してみた。

しかし血圧が低いため、用量は増やせない。

ロサルタン25㎎加えてもらった。25㎎ではそれほど下がらないだろうと期待は薄かったが、

予想通り尿酸値はほとんど下がらなかった。


こんなときにフェブリクを使うことができればよかったと思う。

フェブリクは5月17日発売らしいね。

高尿酸血症用剤の選択肢が増えることは好ましいことだと思う。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。