ハイリスク薬チェックシート

ここでは、「ハイリスク薬チェックシート」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に必要なモニタリング・患者ケアを見逃さない ハイリスク薬チェックシート

       


平成20年度の診療報酬改定でハイリスク薬の区分が設定されてから3年。

今更ながらハイリスク薬の管理についてもう一度考えてみようと思って買ってみた。


この書籍のコンテンツは、各ハイリスク薬のチェックすべきポイントをまとめたページと

それらのポイントをチェックシートにまとめたページの二つで構成されている。

主に内服薬のハイリスク薬を取り扱っており、注射薬に関する記載は少ない。

薬効群別だと、経口抗癌剤に関する情報が多い。

ハイリスク薬の各論では、次のような構成でまとめられている。

1.「薬学的管理のポイント」

2.「薬剤の種類と特徴」

3.「服薬指導の確認ポイント」

4.「服薬開始時の患者指導」

5.「副作用モニタリングのポイント」

6.「チェックシート」の表

また、付録CDには、チェックシートがPDFとしてすべて保存されている(全38シート)ので、

パソコンにダウンロードしておけば、必要時にすぐに印刷して使用できる。


ハイリスク薬区分(380点)で算定するときに、「本当にこんな管理で、380点を算定してよいのだろうか?」と

疑問を持つ時も未だにあるけれど、この書籍に記載されているチェックポイントを守っていれば、

十分な管理ができると思われる。

薬剤管理指導を始めて間もない方や、不慣れな分野のハイリスク薬を管理する際などに、

このチェックシートを病室まで持って行ってシートを見ながら必要事項をチェックしていけば、

漏れがなくなるだろう。

総合的にみて、とてもよくまとまった良書。


また、抗癌剤の注射薬については情報がほとんどないため、別の書籍を参考にした方がよいと思われる。

     

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。