インフルエンザだった? 検体採取の手技はいかに

ここでは、「インフルエンザだった? 検体採取の手技はいかに」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/27~28の夜勤中。

朝方仮眠から目を覚ますと、異常なきつさと熱感を自覚。

熱を測ってみると37.2度。腰や関節が痛いし喉も痛い。夜勤中から寒気はしていた。

いやな予感がしながら夜勤が明けて帰宅。

自宅で測ると38度超。あ~急激な発熱。

これはインフルエンザの可能性があると思い、家に残っていたタミフルを1Cとクラビット服用し就寝。

39度超になったので解熱剤を使用。

午後から近医を受診。この時点で37.5度まで低下。

看護師からインフエルエンザ診断キットを鼻腔に突っ込まれる。あまり痛くなかった。

医者「ん~陰性ですねぇ、まぁ感染して陽性がでるまでまだ早すぎるかもしれませんから明日来てください。」

私「家にまだタミフルありますが飲んでおいたほうがいいですか?」

医者「いや、それは飲まなくていいでしょう。診断ついてから飲んでも遅くないと思いますよ。」

でも結局、念のためタミフルは夕方にもう1C飲んでおいた。



1/29。

再診。

昨日と同じ看護師から再度診断キットを鼻腔に突っ込まれるも、昨日よりもまだ痛くなかった。

医者「やっぱり陰性ですねぇ、うっすらとも出ていません。インフルエンザじゃないでしょう。」

私「あ、そうですか。よかったです」

医者「熱が下がったら仕事行ってもいいですよ」



1/30。

普通に仕事に行ってフルに働いてきた。もちろん熱はなかった。

夕方、嫁から突然職場に電話。子供と一緒に発熱したと。



1/31。

嫁・子供が別の病院を受診。診断キットでは二人とも「インフルエンザA」の診断。

診断キットを挿入されたとき、ものすごく痛かったと。

ちなみに症状と経過は二人とも私とほぼ同じだった。



はい・・・この時点で考えられたこと。

1.私は本当はインフルエンザであった可能性が高い。

2.診断キットを鼻腔に入れられたとき、あまり痛みがなくそれほど奥まで突っ込まれなかった。
 診断キットが正しく挿入されなかったために偽陰性とでたのではないか。

3.急激な発熱の後、解熱するまでの期間が短かった。
 そのため当時は、医師の診断も手伝い、インフルエンザではないと確信し安堵したが、
 実際のところは、発熱超初期から服用していたタミフルが著効した可能性が高い。

4.1/31はフルに仕事をしたが、病棟でも薬剤管理指導業務を行った。
 職場内や病棟で病原体をばらまいてきた可能性がある。

5.私は発熱時に受診し、医師の診断と指示に基づいて出勤した。
 仮に職場内や病棟でインフルエンザが発症したとしても、私が咎められるものではない。


グラクソスミスクライン社のホームページには、

インフルエンザ迅速診断キットについての説明が書いてあって感度のところには次のようにある。

迅速診断キットの感度
一般的に性別を問わず、ウイルス培養の結果と比較した感度は90%以上と言われています。実施において、検体採取の手技の巧拙が検査結果に最も影響を与える因子です。熟練した医師では感度が非常に高いようです。


手技が下手な人がやると本当は陽性なのに陰性とでるということだ。

「診断キット」って「診断」の名がついているものを看護師が行うってことは、

「看護師が診断」しているということになるよね。

難しい手技は、勤務で入れ替わりが多い看護師職だと手技レベルの統一ができないだろう。

これは本来、医師が責任を持ってやるべきではないだろうか?
関連記事
この記事へのコメント
最近のキットは優秀なので鼻水を
かんで測っても大丈夫らしいですよ。
http://www.jacr.or.jp/topics/01influenza/influ02.html
2012/02/10(金) 19:25 | URL | #-[ 編集]
そうですね、最近は感度が向上しているようです。
今回の看護師さんは、鼻腔に入れたものの、当時はほとんど鼻汁でてませんでしたし、
本当に検体が採取できていたのか疑問が残ります。
リンクに貼っていただいたサイトの操作例の挿絵に、
「×」の綿棒の挿入方法が載っていますが、まさしくその傾きでしたもんね。
2012/02/12(日) 00:26 | URL | cenosky #KIwEIwnw[ 編集]
上記コメントのものです。
状況が良く解りました。
自分のコメントは的外れだった様ですね。すいません。
2012/02/12(日) 16:41 | URL | #-[ 編集]
いえいえ、サイトの紹介ありがとうございました。
鼻汁で測ってもよいのなら、それが主流になっていくはずですが、なぜに今でも鼻腔に綿棒を挿入するのでしょうかねぇ。やはりそちらのほうが感度が高いってことなんでしょうか。その辺のところはよく知らないんですが。
痛みや侵襲の少ない方法が主流になってくれるといいですね。
2012/02/12(日) 18:06 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。