プレドネマ注腸、ペンタサ注腸の使用後はどうなるのか?

ここでは、「プレドネマ注腸、ペンタサ注腸の使用後はどうなるのか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潰瘍性大腸炎の症例を担当させてもらうことは、しばしばある。

でも、ペンタサ注腸やプレドネマ注腸をすでに使用している症例または入院後開始となる症例は、

あまり経験がなかった。

そんな中で、プレドネマ注腸が開始となったばかりの患者さんが入院して来られた。

開始して間もないので、これまでの使用状況を確認した。

すると、

・プレドネマ60mL中半分くらいしか入れられなかった
・注腸後も1分程度までしか我慢できず、その後すぐに排泄してしまう

とのことであった。

ここで、

「プレドネマ注腸60mLやペンタサ注腸100mLは、そもそも注腸後すぐに排泄されてよいものなのか?」

という疑問が生じた。

・ラクツロース注腸にしてもカリメート浣腸にしても結局その後排泄するから、出てきて当然なのでは?
・でも、ある程度貯留時間がなければ、十分な効果が発揮されないのでは?

こんな予想が立つが実際はどうなんだろう・・・。



ということでペンタサの会社に電話確認。次のような回答だった。

・メーカーとしては注腸後どの程度貯留させるのか明確な時間は設けていない
・すぐに排泄された場合は十分な効果が発揮されない可能性もあるが、その場合の治療効果を検討した明確な情報はない
・通常は、夜に注腸すれば翌朝まで貯留させて朝の排便時に一緒に出てくるものである
・しかしながら炎症が強い場合、腹痛がある場合などは、十分な貯留時間が確保できず排泄してしまうこともある
・この場合は医師の指示のもと半量などに減量し、排泄されない程度を注入することもある



通常は、夜入れたら朝まで留めることができるものなのか・・・

60mL以上もの液体を入れても瀉下作用はあまりないのか・・不思議だなぁ。勉強になりました。



たまたま続けて、プレドネマを使用している別の患者さんが入院してこられた。

使用状況を確認したところ、「朝まで留めておくことができる、腹痛があるときは途中で出ることもある」

とのことだった。メーカーの情報どおりの使用状況であり、実際に情報の正しさを確認することができた。


プレドネマ注腸、ペンタサ注腸を使用されている方が入院されたら、今後も使用状況を確認しようと思う。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。