インスリン製剤のにおいはクレゾールによるもの

ここでは、「インスリン製剤のにおいはクレゾールによるもの」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうずいぶんと薬剤師やってきて今頃になって初めて知ったことがある。

インスリン注射液のあの独特のにおいは、防腐剤として添加されているクレゾールによるものだった。

これまでずっと、あのにおいはインスリン固有のものと思っていた。

確かにクレゾールと気付けばクレゾールのにおいだ。


なぜ今頃気づいたかというと、先日バイエッタ皮下注を試し打ちした時に同じにおいがして・・・。

「あれ?バイエッタはインスリンじゃないのに同じにおいだ??ということは共通の添加剤か何か?」

ってな感じで気づいた。


ここまでなら「そんなの知ってるがな~」と言われそうなので・・・

ついでに、添加剤としてクレゾールを含んでいる注射製剤を調べてみた。

添加剤としてクレゾールを含む主な製剤

【糖尿病治療薬】
イノレットN、R、30R、40R、50R
ノボリンN、R、30R、40R、50R
ノボラピッド 
ノボラピッド30ミックス注、50ミックス注、70ミックス注
レベミル注

ヒューマリン N、R、3/7
ヒューマログ
ヒューマログN
ヒューマログミックス25注、ミックス50注
バイエッタ皮下注

アピドラ注
ランタス注

【糖尿病治療薬以外】
ヒューマトロープ注射用
フォルテオ皮下注
ゴナールエフ皮下注
サイゼン8mg皮下注
ジェノトロピン



けっこうたくさんあるのね。

すべて試しうちしたことないのだけど、おそらくいずれもクレゾールのにおいがするんだろう。

ちなみに一覧にビクトーザが入っていないことに気付いたんだけど、

ビクトーザにはクレゾールは確かに入っていない。

今度ビクトーザ試し打ちしてみよう。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。