最近の薬局事情

ここでは、「最近の薬局事情」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当薬局での、薬剤管理指導件数は現在一月に約1000件前後。

ところで、実は僕が就職する直前までは、おおよそ1200件程度算定していたらしい。

ということで、現在20%減。原因は何かなぁ・・・。

薬局の病院に対する貢献度は、当然金銭的なものが関係してくるため、これが減ってくると

まずい。薬剤師の配置人数にも関係してくることだが、

化学療法がらみで、今春に薬剤師を1人増員してもらえることとなったらしい。

その代わり、この薬剤管理指導件数をもっと増やせと圧力をかけられたようだ。

まぁ当然といえば当然。

自分を振り返ってみると、確かに日和っていたところもあったので、反省。

それでも残業もつけている以上に仕事やっているし、結構ぎりぎりでやっていると思うけど。



ところで、他の先輩や同僚たちの服薬指導算定件数を個々で比較してみると、

僕はトップではないがビリでもない。

病棟間で比較すると、これまた外科系が多い。

服薬指導の業務内容として、外科と内科では手間をかける部分が違うからなぁ。

外科は、入院患者の持参薬の数が少ないし、手術前の決まりきった処方について

説明するだけのものが多いため、比較的ルーチン業務でこなせる。
(実際に担当したことがないので分からないが)

このルーチン業務が手軽に算定件数を伸ばすことのできる要因の一つだと思う。


これに対して内科は比較的持参薬が多く、これを調べるのも一苦労。

その後も薬剤が処方変更になったり、追加になったりと個々で複雑に変わる。

また、内科では退院後の服薬も重要となってくるため、退院時指導も必要。

金銭的なことだけで話を進めるなら、退院時指導の50点を取るのをやめて、

その時間を新規患者に回したほうが収入はあがるんだけどね、患者さんのことを考えると、

そうも言っていられないし。

結論としては、内科は不採算部門とまでいかなくても非効率的部門といわざるを得ない。

なんだろうなぁ・・この敗北感というか、みじめな感じ。

売り上げでしか部署が評価されない現状になっていることがもっとも悪いことなんだろうと

思うけど、経営上、売り上げを伸ばすことが大事なのもよく分かる。


外科系は、手軽に算定を伸ばす上に、化学療法関係の診療報酬も引き上げられる。

すると、当然立場も上がり発言力も増す。

これじゃ、なんだか内科系も頑張っているのに、頑張ってないみたいやんね。

これって医局の「外科と内科」の関係と同じやん。

全くやってらんねぇなぁ。

唯一の救いは、今度の改正で、循環器薬、糖尿病薬などの服薬指導加算が

引き上げられたことくらいやな。
関連記事
この記事へのコメント
どこの病院も同じ感じなのかなぁって思ったよ。
私が勤めてたとこは逆に圧倒的に内科の薬剤師が強くて、入職したときは「外科の指導は中身がなくて点数だけ」なんて言われてたなぁ。
私が担当したのは、外科って言っても脳外・心外・消化器だったから、持参薬も多いしターミナル患者も多いから中身もかなりディープだったんだけど、その部署に配属されないとわからない部分って多いよね。
自分が外科に配属されて、そういわれるのがすごい悔しくて、ケモやら抗菌剤やら必死で色々構築してったよ。
でも外からみると、やっぱ算定件数で評価するしかなかったりするしね。
算定点数にバイアスがかかるとなると、より評価に差がでちゃうのかなぁ。
診療科に関わらず頑張ってるとおもうんだけどね。
2008/02/27(水) 07:18 | URL | aya #yl2HcnkM[ 編集]
算定件数に傾斜がつくことで、各科の服薬指導の収入がどう変わるかは実際やってみないとわからない。
引き上げられる薬剤は、結構多種多様なので。だけど、全体的な収入は下がると思うよ。引き上げ対象薬剤と、それ以外の薬だと、それ以外の薬しかのんでいない患者さんの方が多いと思うので。

「外科の指導は中身ない」
→言いたいことはよく分かる。手術前の下剤の説明をしてもそんなに重要なこととは思わないし。だけど、それなら、僕の担当の循環器内科でも、心カテ時の点滴の内容を説明するけど、これも大したことじゃないしなぁ。まぁお互い様ってことやね。

国策で癌対策に重点が置かれ始めた今、これを推し進めようとする病院はこれに関することを優先的に対処していくから、薬局事情もこれに順じて、立場や業容が変わっていく。

「金になるところに飛びつく」
これはどこの病院でも生き残りをかけてやっているから同じ。
極論は「金になることしかしない」
日本もこんなドライな状況になりつつあるのかもしれない。
いや、もうなってしまっていて、それに対応できるところとできないところで、病院間、あるいは部署間、あるいは、スタッフ間で将来が決まってくるような気がする。
2008/02/27(水) 09:20 | URL | cenosky #mSbSW7Ec[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/48-63eaea0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。