ランマーク皮下注120mg投与中における重篤な低カルシウム血症について

ここでは、「ランマーク皮下注120mg投与中における重篤な低カルシウム血症について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一三共 ランマーク®皮下注120mg による重篤な低カルシウム血症について に記載されている、次の部分


カルシウム及びビタミンDの経口補充のもとに本剤を投与してください
本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、毎日少なくともカルシウムとして500mg及び天然型ビタミンDとして400IUの投与を行ってください。ただし、腎機能障害患者では、ビタミンDの活性化が障害されているため、腎機能障害の程度に応じ、ビタミンDについては活性型ビタミンDを使用するとともに、カルシウムについては投与の必要性を判断し、投与量を適宜調整してください。



気になったのはココ。「カルシウムとして500mg、天然型ビタミンDとして400IUの投与」

さてさてまず、「カルシウムとして500㎎」とはどの薬剤をどのくらい飲めばいいのか?


例えば、アスパラ-CA錠200なんてのは、アスパラギン酸カルシウムとして200㎎/1錠なのであって、

実際に含まれるカルシウム量は、Ca2+:1.3meq=0.65mmoL=0.65mmoL×40.78mg/mmoL=26.5㎎

しか入ってない。

ということは、500㎎投与するためにはアスパラ-CA錠200を20錠近く飲まないといけない計算になる・・・

常用量を大幅に超える量になるが、何かおかしくない???


次に、「天然型ビタミンDとして400IU」と書いてあるが、実際の医療用医薬品としては

唯一、パンビタンがエルゴカルシフェロール(ビタミンD2)を200IU含むくらいで、

活性型ビタミンD製剤を投与するならどうすればよいか。

天然型:400IUに対応する活性型ビタミンDの用量は???

この辺がよくわからない・・・。



ということで、MRさんに確認。

すると、カルシウム500㎎、天然型ビタミンD400IUという数字は、

ランマーク皮下注の第III相臨床試験のときに、

「全ての患者に対して、治験期間中に高カルシウム血症が認められない限り、
毎日少なくとも500mgのカルシウム及び400IUの天然型ビタミンDの補充が強く推奨された。」

ようであり、これを基に上記の数字が出てきたとのこと。

また、この臨床試験の際、一般薬で補給がなされていたとのこと。

例えば、第一三共ヘルスケアの新カルシチュウD3 100錠【第3類医薬品】の成分構成は、

沈降炭酸カルシウム 1525㎎(カルシウムとして610mg)
コレカルシフェロール(ビタミンD3)400IU

となっているから、このような一般薬を意識して記載された内容のようである。


MRさんによれば、

医療用医薬品で補充する場合には、この数字(Ca500mg、天然VD400IU)は気にせず、

各薬剤の常用量を投与してくださいとのことだった。


それもそうだ、カルシウムの吸収率は製剤によって違うわけだし。

常用量を投与して、あとは血清Ca値を測定して用量調節すればいいだけの話。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。