処方疑義 パーキンソン病

ここでは、「処方疑義 パーキンソン病」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持参薬がなくなったのでその切り替えで以下の代替薬処方がでた(一部改変)。

メネシット100mg 3T 3×毎食後
アキネトン錠1mg 3T 3×毎食後
エクセグラン錠100mg 1T 1×朝食後
ビ・シフロール0.5mg 3T 3×毎食後
ガスターD10mg 2T 2×朝夕食後
シンメトレル錠50mg 2T 2×朝夕食後

さて、読者の方はこの処方の疑わしい部分に気付かれましたか???













正解はエクセグラン。

ゾニサミドが2009年1月にパーキンソン病の適応を取得してもう3年が経つ。

ゾニサミドのパーキンソン病に対する承認用量は25㎎/日であり適宜増減はない。

ということで実際のところは、この処方のエクセグラン100㎎は

トレリーフ25mgの代替薬として処方されたものの、用量間違いだった。

             


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。