薬剤師のための実践英会話

ここでは、「薬剤師のための実践英会話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急外来医師から電話。

医師「海外旅行で日本に来ている患者さんです。日本語は全く話せませんが、英語は通じます。
その方にお薬出しましたので調剤お願いします。」

お~来ましたか。日本語通じません患者さん。


実際に英語を使ってコミュニケーションをとることなんて何年ぶりだろうか。ほとんど記憶がないな。

外人とまともに英語で話したことなんてほぼない。

なんだけど、連絡がきても不思議とあまり緊張しなかった。

まぁなんとかなるだろうっていう楽観的な気持ちが強かった。

今回処方されたのは、

プリンペランとミヤBMがそれぞれ3錠3×毎食後 3日分というもの。

吐き気止めとか整腸剤とか英語で何というのか知らないんだけど~。


薬剤師のための実践英会話 第2版

       

以前から買ってもっていたんだけど、こういった本をよんだり、

Google翻訳を利用して通常の薬情に、薬効や用法用量を手書きで書き込んでいく。


なになに・・吐き気止めは 「anti-nausea drug」か?

それから整腸剤は・・・「for intestinal disorder」 でよいのかな・・?

などと、正しいのか間違っているのかわかないけど、とりあえずこのように薬情に書いた。

また、用法は「take each one tablet after each meal three times a day」と書いた。

実際に患者さんの付添の人に英語で書いた薬情を見せながら読み上げてみると、

普通に理解してくれた~。 嬉しい! 自分の英語が伝わったのね。

こちらの説明が終わると、最後に付き添いの人が「thank you」と言ってきた。

とっさになんと言っていいのか出てこず、「お大事」といいたかったんだけど、

出てこなくて「take care」とだけ言ってしまった。

あとで調べてみたらこれは「気を付けて」という意味だったようだ。

ありゃりゃ・・・。正しくは、「take care of yourself」だったようね。

今回は英語を話すよい経験ができました。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。