だいぶ上の方に来ていた

ここでは、「だいぶ上の方に来ていた」 に関する記事を紹介しています。
年度も変わり、組織内の人員構成が変わりました。

気が付けば上から数えた方が早くなってしまいました。

組織運営についても管理職者から意見を求められることも出てきました。

これまでのらりくらり仕事やってきたから、組織の方針とか運営方法とかあまり考えたくないのだけど、
そうも言っていられないのかな。

もう10数年すれば自分が一番上になってしまうかもしれないと考えると、
少しずつでも諸先輩方の動きを学んでいかないといけないのでしょう。

まぁ正直なところ管理職とかほとんど興味がないのだけど。今の心境は複雑で、こんな感じのジレンマがあります。

否定的
・管理職者に上がりたいなんて、そもそも思っちゃいない。資格や役職といった肩書きに昔から興味がない。
・管理職者は責任が重いわりに給料が高いわけではなく割に合わないのではないか
・いずれは自分が年齢的に一番上になってしまうときが必ず来るわけで、
この時に、もし自分が管理職者にならないとなると、同僚または後輩など別の人が管理職者となるだろう。
これはこれで世間体が悪いようにも思う。
「あの人あの年でなんで管理職じゃないの?」「能力がないのね~」なんて・・・

肯定的
・多くのことを自分で決定する権限があるわけで、実際にやってみれば面白いと感じるかもしれない。


まぁ、世間体を気にしなければ、選択肢は決まっていて「管理職者なんてやらない」なんだけど、
それこそいろんな人間関係のつながり(職場、家族、友人、近所の人などなど・・)があると、
本当にそれでいいのかなと思うわけであります。


こんなジレンマを同じように抱えている人は他にもいるんじゃないかな。
みなさんどうやって自分の道を選んでいるんでしょう?
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。