スライド完成

ここでは、「スライド完成」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公休

19日に患者さん向けの高血圧教室で、降圧薬についての話をすることになっている。

今日はその作成。前々から少しずつ作っていたが、ようやく完成した。

まぁ、以前先輩が話した内容を借りて作っているのであまり代わり映えはしないのだが。

今回は、最近の話題ということで、ARBと利尿剤の合剤の話も加えることにした。

合剤が市場に出てきた当初は、そんなん別々に飲んだらいいやんって思っていたが、

製薬会社の話を聞き、洗脳されたのだろうか、まぁ合剤もそれなりのポジションを得るかもなぁ

と思うようになった。

ところで、合剤のメリットとは?

・2剤分が1剤で済み、コンプライアンスの向上が図れる。
・1剤→2剤に増やすよりも、1剤→合剤への変更の方が、患者さんの抵抗感が少ない。
・薬価がお得(?) 
 ロサルタン50mg 186.8円 vs ロサルタン50mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg 190円

まぁこんなところか。

ん?改めて書き出してみると、大したメリットじゃない?合剤がないよりかはマシってところか。

他に、現在開発中の合剤には、ARB+Ca拮抗薬、Ca拮抗薬+高脂血症用薬があるらしい。

ARB+Ca拮抗薬は理解できるが、Ca拮抗薬+高脂血症用薬ってどうなん。

併用のメリットはよく分かるけど、合剤にするとちょっと使いづらくないか?

用量調整しにくいと思うのだが・・・。そのデメリットを超えるメリットがないと合剤の意味ないよなぁ。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/56-9fd7783d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。