抗MRSA薬の効き具合

ここでは、「抗MRSA薬の効き具合」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近思うのは、ウチの病院で抗MRSA薬を使うとき、塩酸バンコマイシンは

あんまり効かない症例が多い気がする。トラフ15くらいまであげても効かないことがある。

タゴシッドの方はというと、メロペンと併用すれば、比較的トラフの上昇に比例して

効いてくるような気がする。最近はトラフ17くらいを目安に投与してもらっている。

当院における菌の感受性のデータをだしたわけではないが、感覚的にはこんな感じ。

同僚もだいたい同じような印象をもっているよう。

あとは、バンコマイシンよりもタゴシッドの方が、立ち上がりがゆっくりな反面、

急激な上昇もあまりないので、ローディングドーズがうまくいけば、結構すぐに効いてくれるし

その後の調節もやりやすい。

だからといって、タゴシッドばっかり使っていると、今度はタゴシッドが効かなくなってくるんだろうなぁ。

難しい問題である。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/64-71833106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。