院外処方

ここでは、「院外処方」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日書いたとおり、本日より全面院外処方となった。

医師もその旨はちゃんと理解していただいていたようで、院内処方は激減。

だけど、いろいろな問題もあった。

たとえば、盲目の患者さんはどうするかとか、状態の悪い患者さんは?

トラブルメーカーの要注意人物の処方は?などなど。

ただ、一つ例外を認めてしまうと、だんだん決め事が守られなくなる。


ここは初日が肝心ということで、院内処方で流してきた医師達とも

少々トラブルになりながらも、なんとか院外処方にしてもらった。

結局、院内処方でしかだせない検査薬などの処方箋数を除けば、

何らかの理由でどうしても院内処方で調剤したのは10枚以下だろうと思われる。

検査薬も含めて50枚くらい。昨日の根拠のない予想はおおよそ的中だった。

まぁ初日は大きな問題がなかったとしても、まだ問題がある。

前々から院外処方になることを周知させていなかったため、

今日以降に再来する予定の患者さんは、院外処方について初めて知ることになり

これまたトラブルがおきる可能性ある。

もっと早くから周知させておくべきだったと思うのだが。

今日の調剤室の仕事は、問い合わせや、処方変更などばかりで、調剤をやった気がしない。

当分の間、明日以降もこんな調子が続くんだろう。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/75-aca55e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。