心カテ委員会

ここでは、「心カテ委員会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日心カテ委員会。

僕が薬剤部を代表して出席している委員会というのは、この心カテ委員会と、

高血圧教室委員会の二つのみ。

ところで、今日の心カテ委員会では、当然カテに関する取り決めや問題点を話しあうわけだが、

薬剤部としては、心カテの現場には踏み入らないので、ほとんど話を聞いているだけ。

「薬局のほうからは(何か話ありますか)?」と司会から聞かれても、ほとんどの会で

「いえ、特にありません」と返答する。

たまに、カテ室内の配置薬や、PCI時の投薬について聞かれたこともあったけど。

そんな感じで、この心カテ委員会に毎回薬剤師って必要なんかいな?

と感じることもあるが、一応毎回出席している。



会が終わってから、そんな疑問を、何気なく先輩や同僚に話してみたら、

「たいがいの委員会では、薬剤部って必要性が低い、発言も少ない」
「それでも、出席しないといけない」

といった返答だった。

・・・やはりそうか。薬剤部が主導していく委員会なんてそう多くはないのでは?

薬が大きく絡んでいる委員会は、重要なポストになるんだろうけど。


自分の委員会だけが、こんなに薬剤部の存在感のないものなのかと思って心配したが、

先輩方の返答を聞いて、本心は少し安心した。

だけど、そう思う反面、存在感のない薬剤部ってのも悲しいものがある。



病院という組織のなかでは、やはり医者が一番強くて、

次に職員の半数を占める看護部が強い。

この構造は、どこの病院に行っても同じなんだろう。

政治でも、同じ構造だし。

やっぱり薬剤師の政治家が落選するようじゃダメやろ。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/80-1614b736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。