SSRIと出血傾向

ここでは、「SSRIと出血傾向」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の勉強会で、座長が、「SSRIと抗血小板薬との併用による消化管出血には注意」

などと話していた。

SSRIが出血を促す?と思い調べてみたら、ちゃんと添付文書には書いてあった。

SSRIと抗血小板薬は併用注意だったのか。知らなかった・・・。気にしたことがなかった。

作用機序は、セロトニン再取り込み阻害作用が血小板のセロトニンの取り込みを抑え、

結果的に血小板凝集抑制作用を生じる。

どのくらいの凝集抑制作用を持っているのか不明であるが、SSRI単独投与でも

出血傾向の副作用は稀ながら報告されているらしい。(G社)

抗血小板薬投与時は一応注意しとかないといかんな。
関連記事
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/23(月) 09:59 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/86-18f78de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。