ピルと血栓

ここでは、「ピルと血栓」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピル服用中に肺塞栓を発症した症例を経験した。

症例の詳細はここに記せないが、

ピル服用中はやはり血栓性の疾患には十分注意すべきである。

もちろん、今回の発症がピルによるものとは断言できないが、

リスクを高めたのは間違いないと思われる。

また、ピルの処方にあたっても、医師の十分な問診が必要であろう。

禁忌の項として
①血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患又はその既往歴のある患者
②35歳以上で1日15本以上の喫煙者
③血管病変を伴う糖尿病患者(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症等)
④高血圧のある患者(軽度の高血圧の患者を除く)

などなど、他にも多くある。

上の4項目に関しては、該当する方も多いと思われるため特に注意が必要と思われる。

今回の件は、ピル服用による血栓性疾患発症の危険性に対して

改めて考えさせられる機会となった。

今一度、現在外来などで処方されている患者をリストアップし、

禁忌の項に該当している患者がいないか調べたほうがいいかもしれない。

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/92-068e7b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ビーズのピルケース(大)-インド雑貨:[小物]ピルケース:ビーズのピルケース 今...
2008/05/18(日) | ピルって気になりませんか?
◎送料無料■シャープ 29コンテンツ収録電子辞書 パピルス 【pw-lt220】...
2008/05/19(月) | ピルって気になりませんか?
 | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. | 
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。