配合変化

ここでは、「配合変化」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病棟の看護師さんから注射剤の配合変化の質問。

イントラファット、アミノトリパ+ラシックス、ハンプをCVライン(ダブルルーメン)で

どのようなルートで投与すればよいかというもの。


配合変化の質問は苦手。調べてもはっきりしないことがあるから。

その苦手意識の性で、配合変化を学ぶ意欲が失せている。

でも、本当は逆なんだろう。まともに学んでないから苦手なのであって、

ある程度学んどけば多くの事例に対して応用がきくようになるのだろう。

     


ところで、本題の質問。

イントラファットは単独なので、
質問の本質は、メイン(アミノトリパ+ラシックス)にハンプを側管から流せるかどうかということ。

ハンプの配合変化表(簡易版)を見た結果、

メインのできるだけ下流につなげば、(混合時間を短くすれば)

問題ないのではないかと回答した。

配合変化、投与ルートの問題。これも課題だ。

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://reboundex.blog100.fc2.com/tb.php/94-ca5769ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。