病院で薬剤師をしています。 仕事のこと、趣味のことなどきままに書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年は薬剤師の仕事に対する情熱は下降気味で、

どちらかというと、それ以外の分野に興味がある。

世界情勢、政治経済、金融、法律など・・・

それで、たまたま見かけたこの本。

薬剤師とは関係ないんだけど、ふと気になって読んでみた。







殺人、誘拐、暴行、詐欺、強盗、性犯罪、虐待、放火・・・

各犯罪を犯す人の性格は、どんな傾向なのかといったことを

私のような素人にもわかるように平易に解説してくれている。


この分野はほとんどまともに学んだことがないので、

1つ1つがとても勉強になった。


アマゾンレビューでは、「中身が薄い」と批判しているものもあったけど、

ある程度学んだ人には物足りないのかもしれない。

私のように初めて学ぶ人には、勧められる。
関連記事
ネット徘徊中にたまたま見つけた記事。

ビジネスマナーで気をつけたい「了解しました」という言葉


「了解しました」は目上の人に対しては使わないほうがいいのか・・

私、社会人やって結構年季入っちゃってますけど、これ知らなかった・・・。恥ずかしい。

これまで意識せず使っていたので、もしかしたら諸先輩方には、失礼な態度をとっていたかもしれない。

一般企業の会社員なら、ビジネスマナーをしっかり学ばされるんだろうけど、

医療業界って、どちらかというと学ぶ機会が少ないんじゃないかって思う。


「了解しました」は目上の人に使わないということを知らない薬剤師さんも

いるかもしれないと思ったので紹介してみました。

また4月には新人薬剤師さんが入ってくる施設もあると思われます。

今一度、自分のビジネスマナーを再確認してみてはいかがでしょうか。






関連記事
「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)

       

この書籍はタイトルの通り、文章を分かりやすく書くための方法について教えてくれる。

序章では、分かりにくい文章の具体例を示し、その後、分かりやすい文章とはどんな文章なのかを解説している。

筆者が主張する「分かりやすい文章を書くためのポイント」としては、大きく分けて5つあるようだ。


1.趣旨を素早く伝えるための文章の構成
2.読みやすいレイアウト
3.説得力のある文章の書き方
4.趣旨をスムーズに伝えるための書き方
5.文章をなめらかにする書き方


それぞれの項目について、3~4つのテクニックを解説し、全18のテクニックを教授してくれる。


本書を一通り読んでみた感想。

これまで自分が何気なく書いてきた文章の中にも、たくさんのわかりにくい文章があっただろうなと反省した。

この本を読むことで、読み手に対して誤解を生じにくい文章や理解しやすい文章を書くことができるようになるだろう。

分かりやすい文章を書くための技術を教えてくれる良書。

著者の関連書籍

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール (ブルーバックス)
       


「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
        
関連記事
Before  | Copyright © 病院薬剤師の仕事 All rights reserved. |  Next
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価

当サイトは、当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。万一当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。
当サイトの全ての無断転載・複製を禁止します。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク(医療系サイトに限定)をご希望の際はコメントください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。